土曜日, 1月 13, 2018

寒い寒い。






寒い日が続きます。
パピコのお水は分厚く氷り、
金魚も氷の下で泳いでいます。

小学生たちは、
凍った水溜りを一つずつパリパリっと割りながらの登校、楽しそう。















3月の「さくらいとしまつり」に向けて、
同業者の皆さんのところに出かけていくも
どこのお店も仕込み日和。
この寒さでは、なかなかお出かけ日和とはいかないですよね。

お店から南に見える山も、ここ数日はみんな白い帽子をかぶってます。






こんな寒い日に来てくださるお客様の嬉しいこと。
いつも以上に神様に見えます。

パピコもまんじりと冬空の下で皆様のお越しをお待ちしています。



寒い季節には、明るい花をカウンターにたっぷり飾って春の訪れを待ちます。
こっくりとしたココアや、生姜が入ったチャイ、深みのあるコーヒーが美味しい季節です。

明日からは少し気温も上がるようですね。
お出かけ日和になるといいな。

0 件のコメント:

五月の風は金色。

お店の前の畑には、金色に輝く麦が五月の風に気持ち良さげです。 この季節になると毎回ブルーの服を着て散歩に出かけたくなります。 そして、 「その者 青き衣をまとい金色の野に降りたつべし。失われし大地との絆を結び、ついに人々を青き清浄のちに導かん。」 と、ナレーションを入れたくな...