金曜日, 3月 29, 2019

LAにいってました。



3/18~27まで、LAに行ってました。
どちらかというと、ヨーロッパ贔屓なわたし。
アメリカってどんな感じなんだろう?
ワクワクとビビリな気分とが混在する気持ちの中、
着いてみると素晴らしい空、土地、人々の開放感と、
そこに住む人たち一人一人のしっかりと自立した大人度合いにびっくりしました。

自然も素晴らしかった。



旅の詳細は、under mako に綴って行ってます。
手に入れたお土産や 感じてきた様々なことを、これからの仕事に活用していきたいと思います。



10日ぶりにお店に戻ると、庭中の花が咲き乱れて帰りを待っていてくれました。
さ、また 頑張れそうです!

日曜日, 3月 17, 2019

明日3/18~27まで、お店お休みします。

明日から久しぶりの長期休暇を取るため、
なにかにつけて詰め詰めで頑張ってきたけど、
それにも増して、たくさんのお客様や友人との再会などで、怒涛の一週間でした。

金曜日、市内の小学校の卒業式の謝恩会のケータリング50名様分。
卒業式の後は時間を気にせず、ゆっくりといろんなお話しをしたいから、
小学校の近くの公民会で謝恩会がしたいので。とのご依頼。
楽しい時間が過ごせてますように。



ケータリングを配達した後は、福岡市博物館で開催のジブリ展の初日。
ジブリのプロデューサーの青木さんと今回のナウシカの王蟲の製作者(大学時代の友人のご主人でもある)竹谷さんのトークショーに駆けつける。
ナウシカの秘話をたっぷり堪能。

土曜日、前日のケータリングのお皿を回収がてら、
龍国寺さんで行われているMUKAさんのてづくり展へ
なんともエネルギー溢れるartisticな作品に感動!



お店を開けると、ネバダ州からいらしたファミリーがご来店。
つたない英語で必死に接客しました。



ジブリ展の設営も終わり、東京に帰る前の竹谷夫妻もお店に来てくださいました。
パピコ、大歓迎!


























フィレンツェからの蜂蜜の少女もまた来店してくれました。



30年ぶりの友との再会は、同じ学校で学んだ意味を感じさせてくれて
同じ時に同じ場所で共感できる喜びを分かち合いました。



様々の人との出会いは、私の中のエネルギーをどんどん増幅させていく気がします。
明日からは、初めてのアメリカ。
どんな出会いが待っているのかワクワクが止まりません。

では、いってまいりま〜す!

木曜日, 3月 14, 2019

めがけてやってきてくれる。



お店の入り口に、満開のヒヤシンスを飾っています。
とってもいい香りなので、ちょっとしゃがんで香ってみてくださいね。

懐かしい友人が東京からやってきてくれました。
東京で美大に通っていた時の同級生のKちゃん。
来るね!って聞いて、もうワクワクで
会ってみると30年の月日が吹っ飛びました。



ただいまカメラに没頭中のKちゃん。もう撮るわ撮るわ、、、

今回の来福は、ご主人の竹谷隆之さんが、福岡市博物館で3/15から開催される
「ジブリの大博覧会」で、ナウシカの腐海の森のコーナーの製作を担当されるため。

Kちゃんが来店してから、あ〜でもないこ〜でもないと話しているうちに
時間はあっという間に過ぎ、
彼女をご主人のところまで送って行くことに。
ワンコが大好きなご主人、パピコのことをたっぷり可愛がってもらいました。
で、きっとパピコのおかげだろうな〜

翌日メディアにプレリリースのやっと製作完了、展示したてホヤホヤの
ジブリ展の様子を見せていただきました。
あ〜もう、なんという幸せ!!



竹谷さん製作のナウシカの王蟲(オウム)。もう、今にも動き出しそうです。
あのアニメのとおり、目が赤や青や紫に変わります。
もう!大興奮!ランランララランランラン🎶 と、大きな声で歌いたくなりました。
是非是非見に行ってください!

今日は今日で、私フィレンツェに住んでるんです。
と、千葉出身のかわい子ちゃんが、電車とバスを乗り継いでやってきてくれました。
エーデラ(蔦)の蜂蜜のおみやげまで持参してくれて!
このエーデラの蜂蜜、なんともノスタルジックな芳香が素晴らしい蜂蜜。



また、おいでね!
次にどうなったか、知りたいよ!

糸島に福岡に、遍くある飲食店、カフェの中で
ここめがけて来てくださることのどれだけ嬉しいことか。
おばあちゃんになるまで、頑張りますよ!
みなさんのために!
パピコも、にっこり笑ってお待ちしてます。



明日は、小学校の卒業式後の謝恩会のケータリング。
がんばりま〜す!


木曜日, 3月 07, 2019

3月18日〜27日 お休みします。


3/18~26まで、ロサンゼルスへ行ってきます。

どちらかというとヨーロッパよりな私の海外渡航。
初めてのアメリカ大陸。
どんな世界なんだろう、どんな光がさしてるんだろう、どんな日常なんだろう。
大好きな人たちが暮らしている土地。
気持ちが高まります。


きのう、18年ぶりににご来店のお客様。
顔をまじまじ眺めていたら、「あら、K子さん?」
と、名前が出てきた。(道ですれ違ったら、気付かなかったろう)
彼女と会うのはこれで3回目。

不思議なことにお店に来ていただくと、何かの鍵が私の頭にカチャンとはまりいろんな記憶が蘇る。普通の生活での記憶力は殊の外弱いのに。



彼女は、私がまだ仕切りをしていた '89年のSUNSET LIVEのビッグゲストのパートナーだった人。彼のライブを、ステージ横の薪小屋の屋根の上にいっしょに登ってみましたね。
と、懐かしい話に花が咲く。

なんとなく私の口から出る、質問の彼女の答えは、
とても丁寧な話口調で、彼の想像を絶する生い立ちや、二人の出会い、彼が音楽を始めたきっかけなどを、そこで映像が流れているかのように話してくれる。

お店の中をぐるっと見回し、「いとの森の家」のポスターを見て、
「そうそう、当時の私たちの事務所は西麻布の希林さんのお家の1階だったの。」
いろんな点が線になって結びつく不思議な時間。

今日の新月を迎えて、なんだか気持ちがリセットされたような気持ちになり、
久しぶりに、「筋トレ」の今週の牡牛座を覗いてみる。
はは〜ん、石井ゆかり先生! そうですか!
なんだか、ワクワクしてきました。
昨夜の自分と、今朝の自分が同じ体だけど全く違った感覚。
どうも、この時期の旅行も正解な気がします。

いつだって、ほぼ直感で生きているような私。
これからの私がより私らしく生きていけるように邁進します。


月曜日, 3月 04, 2019

おひなさま。
























3月に入って、あれよあれよと日が経っていきます。
お店には小さなお雛様を飾って、皆様のお越しをお待ちしました。

暖かくなってきた週末は、関西や関東からのお客様もちらほら。
友人の息子の嵐くんに瓜二つな関西弁を話す東京からのお客様は、
お嬢ちゃんのお誕生日祝いに糸島に家族旅行。
高校時代の友達が、ご家族と共に牡蠣小屋の帰りに寄ってくれたり、
バイク事故で入院していたUさんが、たのしいお友達と共に来店され、カウンターでしゃべるしゃべる。
3〜4人組の若い子たちが、キャーキャー言いながらパフェ食べてたり。
賑やかな週末が過ぎていきました。



ハムカツ(犬の名前)が、夕方のお散歩の途中によくよてくれます。
パピコといい勝負で威勢がいい。

やっぱり、1、2、3月はやること満載で、あっという間に過ぎていく。
先週帰った実家には、今年もしっかりお雛様がお座敷に飾られてました。



さ、今月も頑張って行こうっと。

犬の気持ち ーパピコの逆襲ー

百日紅やジンジャーリリーの花が咲き出しました。 月火とお休みをいただき、東京から帰省していた弟と遊んでました。 月曜日の朝、早々に実家に弟を迎えに行き、雨雲に負けないよう東へ車を走らせました。 今回はじいじ(我が父)は家に留まるということでパピコも一緒にお留守番。 東京にいた2...