水曜日, 9月 16, 2020

再会の喜び


 台風が過ぎると、朝夕の気温がすとんと落ち涼しいを通り越して肌寒いくらい。
散らかった庭を掃除していると近所の農家の友人から連絡が入る。北や東の方から友人たちがやって来るよと。

ずいぶん前に糸島に住んでいた友人たちが、訳あって急遽 集まることになった。      出会った頃には小さかった彼らの子供たちもずいぶん大きくなり時の流れを感じる。


「あの、お前んとこのお母さんのあの鶏のスープの味が忘れられなくってさ〜」     と、懐かしそうに語る旧友。

友人宅で囲んだテーブルの上の鍋の蓋を開けると優しい透明のスープが顔を覗かせる。これは、仲良しの友人だからこそできる技。


一連の流れは、まるで5年前に放送されたドラマ「いとの森の家」を彷彿させ、みんなの笑顔の中には、今までの楽しかったこと、これからの未来に託する話で喜びに満ち溢れている。


普段住む場所が違っていても、それぞれの職業が違っていても何かで繋がっていて楽しい会話ができる。これが幸せってことだな、としみじみ感じた再会の夜だった。

木曜日, 9月 10, 2020

9月に入って








9月に入って、この一週間のうちに二度も台風を体験すると、もう心身ともにクタクタになって台風に何か持ってかれた?という風なのです。


9号の時は、まるで耳元を龍が走り抜けるかのような豪風だったよと言ってた友達の言葉と私の感覚はかけ離れ、雨戸を閉めて寝たらいつもの一夜。
何もなかったかのような朝を迎えたつもりだったのですが、雨戸を開けてびっくり。

ドラマ「いとの森の家」でも大切な役目を果たしたシナモンの木が枝の途中から折れてどさりと中庭に落ちていました。
落ちる時には結構な音がしただろうに、全く気がつかなかった、、、



ノコギリでキコキコ切って、処分しようとしたけれど地味にデカくて歯が立たない。植木職人の友人に頼んで、チェーンソーで切って処分していただきました。


そしてその後の10号。まぁ前振りの凄かったこと。そりゃビビりますわなぁ。

やれ車をそのまま置いておくとひっくり返るかも、だったり。

前回の風よりすごいなら、家も老朽化しているしホテルに避難します。だったり。

養生をやれるだけやったら、あとはホント祈るのみ。



台風が過ぎ去り日が照り出した昼でもまだ風が強く、なかなか外に出ることができない月曜日の朝でした。

風が治ると、家の周りのものを片付けてはふ〜っ、片付けてはふ〜っ きっとみんなやってることは一緒だったんだろうな。
そして、ストンと涼しくなりました。
気を張り過ぎていたからなのか、ぐったり感が半端ありません。


あぁ、すっかり秋がやってきましたね。
あとは実りの秋を楽しむばかり。
穏やかに過ごして行きたいですね。



 

星の時間

月末なのでIMS 6Fのナチュ村さんに「オイル漬け」の在庫管理にいく。滅多にというかこの時ぐらいしか天神へ出ることがないので、オーガニックな商品が並ぶこの店でお買い物をしたり、見ておきたいものをチェックしたりすることにしている。(山から降りたハイジやん。) 今まで置いてなかったイ...