水曜日, 8月 28, 2019

サンセットの本が出版されたよ。



仲良しの聞平堂の聞平ちゃんが、今度サンセットの本を作ってみようと思うっちゃんって言ってたのはかれこれ2年くらい前の話だろうか。
やっとやっと先週の8/24に発売になった。

サンセットのことを初めって知ったときから早30年。
RUSTIC BARNを始める前の20代後半から30代にかけてお世話になったお店。
私の青春の総決算をしたような場所。

時系列に、あの店に携わった人たちの話が続いていく。
そうか、そうだったんだ。と改めて知ることもあれば、そうだったね、と首をうんうんさせる部分もたくさん。
一人一人の話が繋がって、今のサンセットが出来上がっていく物語のようになっているのが楽しい。

その時代に通っていた人たちには、その頃の光景と匂いが頭の中に回り心地よい気分にさせるだろう。
知らない世代や訪れたことのない人たちには、こんな時代もあったし、こんな人生もあるんだよと知らせたい。



本の中で、なんどもみんなが上げていた1998年出演のジョー山中さん。
他に類を見ない風格だったし、対応が大変だった。
けど実はとても優しい人で、あの時に彼と一緒に来ていた当時の奥さんとは今も親交があり、二人で当時のことを懐かしく話したりする。
彼女が福岡出身だったこともあって、ジョーさんの出演が可能になった。
当時ちょうどサーフィン映画で彼の歌が使われていて、もうどれだけ地元のサーファー達が熱狂していたことか、、、

猛烈に骨をおりまくった1999年のRico Rodriguesとも、最終的にはすっかり仲良くなり、たくさんお話した。ライブの翌日、タカシと一緒に空港まで早朝に送ったあとはホッとしたよね。しっかり空港でサイン入りメッセージをもらってくれたグッジョブなタカシ。このサインは翌年のお店の年賀状にした。いい思い出だね。

Ricoのback bandをしてくれたDeterminaitionsとは、大名のDon'sレコードの吉積くんの計らいで、巡り会うことができた。
1996年の春、 西新にオープンした「いわさ本舗」の店主が開店と同時にあっけなく亡くなってしまい、店主のいわささんと友人のSka Flamsのメンバーが、福岡でライブをして弔いたい。と連絡があり、この年のサンセットライブはSKAでいこう!と試みる。 Ska Flamsの前座でいいSkabandいないかなぁとDon'sレコードの吉積くんに相談すると、「大阪にDeterminationってバンドがおるけん。大阪の⚪️️️️️⚪レコードに連絡してん〜」と、話はすんなり。

97年から、招聘するミュージシャンは毎年もう決まっていたかのような神懸かり状態だった。
Flams&Deternmiをきっかけに、overheatの石井さんや、そこに携わるレーベルの人たち、東京のHMVでレゲエコーナーを担当する弟らとの連絡が密になり、レゲエ業界では「サンセットライブに出たい!」の声が上がりだした。



”海や草木など自然を感じさせる手作りのもの”
”ゴミは少なく、できる限りリサイクル”
そして、かっこいいもの。 
にこだわり続け、年賀状はダンボールと瓶の蓋で作ってみたり、



冬の暇な時期には、夏のサンセットライブでチケットを売ってくださったり、ポスターお店に貼って宣伝してくださったお店 約100件に、近くの山から採ってきた蔦で作ったクリスマスリースや、ビーチグラスで作ったキャンドルホルダーを作って、ご挨拶に回ったりしていた。



こんな楽しいことだらけのサンセットだったから、
こんな楽しい仕事ずっとしていきたい、と思っての今のRUSTIC BARNがある。
サンセットで培われたspiritを無くしたくないと思っている私がいる。

結局、中身は何にも変わってないな、私。
だからこの仕事を続けていけてる。
あの日あの時に、あの店に出会えて本当に良かった。

水曜日, 8月 21, 2019

犬の気持ち ーパピコの逆襲ー



百日紅やジンジャーリリーの花が咲き出しました。
月火とお休みをいただき、東京から帰省していた弟と遊んでました。

月曜日の朝、早々に実家に弟を迎えに行き、雨雲に負けないよう東へ車を走らせました。
今回はじいじ(我が父)は家に留まるということでパピコも一緒にお留守番。
東京にいた20代、一緒に暮らしていた弟は、何を話してもすぐに話が合い、その上気も使わなくっていい、最高の遊び相手。

高速を飛ばして、下関まで。
唐戸市場は、大にぎわい。まだまだ夏休みだもんね。午後1時にして早々に売り切れている寿司屋や海鮮丼屋を横目にサクッと蕎麦をすする私たち。

そして目指すは、角島大橋。一度行ってみたかったんだよね。
超晴れ女のつもりでしたが、角島大橋に着いた途端にぽちぽちと雨が。
過去に何度か西長門リゾートホテルまでは来たことがあったけど、その横にこんなすごい橋ができていたとは!

行って見て渡ってみることに意義があるのです。たとえ雨降りだって。



橋を背中に、晴れていれば白い砂浜と青い海を想像しながら、
壇ノ浦のインターで蒲鉾とウニの瓶詰のお土産買って帰路へ。
すっかり夕食の準備が整った実家でおかえりなさいのパピコ。



翌日、早朝7時の便で帰る弟を空港まで送るため5時起床。
お座敷に並べて敷いた布団の向こうで
「ねーちゃん、パピちゃんおねしょしてるよ。」
弟の布団に、ちょろんと湿ったものがある。
えぇーー!パピコの首根っこつかまえて、濡れたお布団に鼻先をつけ
「だめでしょ!ここでしたら!おしおき!」
と、外へパピコをつなぐ。
5時半、家を出る。外はまだ日が登らず真っ暗。そのうえ猛烈な雨。

無事 弟を空港でおろし、実家に戻る。
昨日のロングドライブと早朝の大雨の中の慣れない道を走ったことでぐったり。
少し休むわと、リビングのソファに横になる。

あぁそろそろ起きよう。しかしさっきの運転で少し濡れた背中がまだ濡れてる。よっぽどの大雨だったなぁ。
ちがう!もっとびっしょり濡れてる!
ソファーに敷かれた座布団と私の背中にたっぷりとパピコのサイン!
5年間一緒に過ごしていてこんなことは初めて。
毎日買い物にも、どこにでも連れて行ってるパピコ。
昨日の長いお留守番と今朝のお留守番で堪忍袋の尾が切れたのか、、、

「もう絶対に置いて行かれないわよ!」と、勝手口の私の履物の前で外向きに鎮座している。

パピコの体を張った逆襲に、その日は何もできずぼーっと一日を過ごしてしまった。
犬にも気持ちってのはあるんだね。



今日はいつもの場所で、ゆっくりしてます。


金曜日, 8月 16, 2019

8月のお客様


施設の担当の方なのかな?につれられてお食事にいらした94歳の女性。
店の入り口の段差が30センチほどあるので、気になって入り口で手を差し出すと、私の腕に少し体重をかけながら上がり、「これが一番ね。」と
幾つになっても素直なのってすごく気持ちがいいことなんだなぁ
好きなものはハンバーグとチーズだそう。この日はナスとひき肉のカレーを8割がたペロリ。キュートな笑顔でバイバイしながら「また来ますね!」と
あぁ、心が洗われる気分。







季節柄、お子さん連れのお客様もたくさん。
それぞれの家族の風景を、カウンター越しに覗けるのも嬉しい限りです。




毎年恒例で、お盆の頃には高校の同級生がゴルフ帰りに寄ってくれます。
同級生っていつまでたっても同級生なんだよな。
出会うとあの頃にすぐ戻れる。



















そして、海外からのお客様も最近では増えました。
昨年の今頃いらして再来してくれた韓国のお客様から、こんな言葉をかけてもらいました。感涙!
また来年ね!


















ちいさなRUSTIC BARNは、たくさんの方の思いに支えられてるな。
みなさん暑い中の起こしありがとう。
また、お待ちしてまーす!

土曜日, 8月 10, 2019

お誕生日のディナー

仲良しのきんちゃんゆかちゃん夫妻。
記念日にはことあるごとに当店でのディナーを利用してくれます。
前回はいつだったけ?って、お互い年取ってきて、2年前?一年前?ってこんな風。
でも会えばいつも変わらない和やかな空気が流れて、楽しい話がいっぱい。

今回は、8/6と9がお誕生日の二人。9日を選んでディナーのご予約をくださいました。
前回とメニューがかぶらないよう、新たなメニューをお出しせねばなので、張り切りました。



かぼちゃの冷たいスープ、ケールのサラダをブルーチーズのドレッシングで。



ポテトのピューレ糸島ハムさんの生ハム、糸島卵と自家製豚のスモークのオムレツ、カプレーゼ、人参のジュリアンと牡蠣のオイル漬け、薫肝のオイル漬けとアボガド、レンコンのバルサミコ炒め



バッファローウイングとししとう



パスタとナスとひき肉のカレー、スパイシーチキンカレーの中からお好きな一品をどうぞ。二人ともナスとひき肉のカレーをチョイス。



そして、おめでとうスィーツプレートとお飲物 穀物コーヒーと玄米コーヒー。
まぁ、二人とも細いのに食べる食べる。



お食事をお出ししながら、この人の腸はどうなってるんだろう?すんごい元気のいい腸なんだろうなぁと思っていたら、帰り際に、
「俺ね、毎日のお通じすんごいの!もう、イルカかクジラのようよ!」
と、私の心を察したかのような言葉。
以心伝心だったな。

改めて、お誕生日おめでとう!またきてね!

木曜日, 8月 01, 2019

今週末のお知らせ



今週末が終わると、次はお盆の週。
昔おばあちゃんが、「盆が来たらすぐ正月がくるばい。」と呪文のように口にしていました。。
なんだか夏が短く過ぎていきそうで焦ります。



先週末は、鹿家の海岸で美しい夕暮れ時を楽しみました。

今週末は、楽しいことを盛り沢山で皆さんをお待ちしています。
まずは、 びわっちの企画。
びわっちとのコラボで、8/3~ マジックアワーのクリームソーダを季節限定で販売します。
8/3、4はびわっちからの素敵なプレゼントがお店に用意されています。
気になる方は、↑上の びわっちのところをぽちりとクリックしてみてください。

お天気のいい日曜日は(もちろん8/4も)久留米の美味しいスィーツ屋さん「中村窯業」さんが、
ベーキングパウダーも油も未使用の、さっぱり美味しいシフォンケーキを持ってお店にやってきてくれます。









毎回種類は色々。先週末に持ってきてくれたチョコミント、フレッシュのミントをたっぷり使ってておいしかった!









そしてもう一つ、糸島に移住してきた「なないろ企画」さんが主催するイベント。
”ペイフォワードセッション” が土日にお店の一角で行われます。
気になる方は、チラシ内の「なないろ企画」さんへお問い合わせください。



それぞれの夏がそれぞれに楽しく過ごせますように。
定休日に姪っ子と海水浴をして、真っ黒な私です。
早朝の海は、キラキラで海水浴しているのは私たちだけ。



早朝にお散歩してると、こっそり虹に出会うこともできます。



では、週末おまちしてま〜す!

月曜日, 7月 29, 2019

雨上がりの空に



積乱雲が盛り上がり、夏らしい景色の糸島になってきました。
月曜日は、お店を早めに繰り上げて、LAから帰国中のともちゃんと夕食。
火曜日は、二日酔いの体を騙しながら百貨店さんと”おせち”に向けての撮影。

休む間もなく私の週は開け、ふと考え事が生じた。
どうしたもんかな、誰に相談すればいいんだろうと頭を抱えながら営業していると、
これで二回目のご来店のお客様。
「ちょっと悩んでることがあるんです。」と話しかけてみると、
「よし、マコちゃんのためにこれを聞かせてあげよう!」と言って
奥の部屋にいってピアノを弾きながら「ボヘミアンラプソディー」を元気よく歌い出した。

「僕も似たような仕事を以前していた。ここはこう、あれはこんな風にしてみたらいい。」
「そっか!簡単なことだ!」

金曜日のお昼に看板を出していると、「久しぶりマコさん!」
と、ホロをつけた運送会社の軽トラが二台入ってきた。
だれだっけ?って顔してると、Kですよ!という顔は以前よりシュッとしている。
お店がオープンしていた頃に、よく来てくれていた彼だ。
「あれ?前何してたっけ?」
「前は水道屋。」
「あ〜!そうだった!」
今は、運送会社で働いていて、軽トラで北海道まででも行ってしまうツワモノ。
お昼ご飯食べながら、懐かしい話に花が咲く。
運送会社で働きつつも、あてにならない掃除会社に呆れ、自分で仕事の合間の早朝から磨き上げたアパートでairbnbも経営し、ふとしたところで私の口から出たトレードという言葉に、トレードは難しいね〜と。(これだけ忙しくして、FXまでしているのか、、、)
やるなぁ。

まるで最近の天気のように、私の心も色々変わり、
やってくるお客様も様々。


お天気なのに、ざぁーっと降ってきた雨を見ながら これは出るな。と
雨脚が弱まった頃にパピコとともに散歩へ。
ゆっくりと畦道を歩いていると、大きな大きな虹が二重に出ている。



なんて素敵なところで日々働かせてもらえてるんだろう。
時々 悩んだりするのもいいもんだな。

雨上がりの庭は、とてつもなく美しいのです。


日曜日, 7月 21, 2019

カウンターからの風景



アラフィフの女性二人がカウンターに腰掛け、
長野県に車で行こう!と旅の計画を始めた。
神戸でフェリー降りて、京都行ってその横は何県だっけ?から始まり、
軽井沢って本当にあるの?博多みたいに呼び名?
安曇野に行きたい、やっぱり山に登りたい、温泉はあるの?
もう知らない土地だから願望も何もかもむちゃくちゃ
そんな彼女たちの話をカウンター越しに聞きながら、自分まで一緒に行けるような気分になる。

予定のない定休日。Visionsのピアニストの美樹さんからが、午前中から糸島にやってくる。
美樹さんのピアノ人生の中でなくてはならない ヤス 岡山さんや井島正雄さんとの出会い。そして彼らに気持ちよく育ててもらったこと。

今まで家族三人でやってきてたVisonsからお嬢さんが抜けたこと。
うちの店で3人一緒のプロモーションの写真撮ったり、桜井神社のイベントに参加してもらったりしていたから、話すことは山のよう。
お土産にピンクのシェイカーをおいていってくれた。



NYで活躍する彼女は、夏のバカンスに家族で糸島にやってくること今年で3年目。
ナチュラルで笑顔が素敵な彼女とやっとゆっくり話せる機会が。
向こうでヘアスタイリストの仕事をしている彼女は、一緒にランチに行ったときに、カウンターの向こうに貼ってあるジョンとヨーコの写真を見ながら、
「Ono Yokoさんって、子猫みたいな人だったよ。」
とか、
「そうそう、マコさんだいぶ前にSTINGとSHAGGYの写真アップしてたでしょ?
 あのときのスタジオで、私ヘアしたんだ〜 もう、コメントしたかった〜!
 STINGはね、首が締まるケープが嫌でね上半身裸でギター持ってスタイリングしたの。
 すっごく楽しかったァ〜!」
ひょ〜!なんちゅうお宝話!

 NYの彼女と楽しんだ次の日は、3月にお世話になったともちゃんとキャノンがLAから。店に貼ってあるオレンジのポピーに囲まれたくまさんの絵を見ながら、ともちゃんがこのポピーがいかに素晴らしいかをこんこんと説明してくれるので「一緒に見に行ったやん!」って言ったら、「あ!そうやった!」

雨降りの日曜日は、あの日ここで飲んだコーヒーの味が忘れられないので今日は運転練習中の娘ときました。
とか、ゴールデンウィークの夕方友達とここにきたのがあまりに心地よくって誰にも教えたくないけど絶対内緒よ!って言って今日は母と姪っ子連れてきました。
だったり。

この前見たあの映画、原作が読んでみたいですね。って話すとつかさず車からこれだよって差し出してくれる優しい人。

少しの会話から膨らむ楽しい世界。
ゆっくりとその人となりを感じていくのが好きです。



雨降りがひどい日は、ビビリで甘えん坊で過保護な飼い主に飼われているパピコは玄関の中で繋がれてたりします。
待てだよ、二人とも!



日々のみなさんとの楽しい会話が、ますます満たされたものになりますように。
満ちていく月に願いをこめて。

木曜日, 7月 11, 2019

RUSTIC BARN 19歳になりました。

2000年の7月7日の晴の日にオープンして、19年が経ちました。
前日に山から笹の木のを切り出して、お願い事を短冊に。



願い事はしっかり叶いました。
珍しく雨の降らない七夕の日。お友達を誘ってガーデンパーティをしました。



一週間かけて世界中で美味しかったお料理を思い出しながら仕込みして、テーブルにたくさん並べました。
マツボンに、リバーワイルド社長厳選 赤豚肩ロースを松園式タンドール窯焼きも作ってもらいました。



グリルではエスカルゴ風サザエも焼き焼き。



お皿に盛るとこんな感じ。



焼酎博士は焼酎ご持参で。みんなそれぞれ好きな飲み物で楽しみます。
アフリカからの風や、USAからの風や、香港の風や、フィリピン、ベトナム経由インドネシアの風が吹いてました。



みんなそれぞれに食べて笑って。



私はといえば、食べるのも忘れて子供達とはしゃぎまくり、
ついには、山から転げて落ちるほど。



宴は暗くなるまで続き、みんなで花火。



あ〜、楽しかった!
20周年に向けてまた頑張れそうです。

翌日は、「夏草や兵どもが夢の跡」でございました。
心地よい余韻(二日酔いともいう)に浸りながら、
今まで支えてくれたみなさんに、ただただありがとう なのです。



どうぞ、これからもかわいがってくださいね。

月曜日, 7月 01, 2019

文月



7月、文月に入りました。
外は雨模様、こんな日のパピコはとろりんちょ。



夏至の日に、セミの鳴き声が聞こえ出し 夏がやってきたなと。
お店もやっぱりこの季節は賑わいます。
誰かがカウンターに座っていると、そこに待ち合わせかのように一人、また一人とやってくる。
それぞれは別々の用事で別々のところからやってきたのに、たまたまのタイミングでお隣同士であ〜でもないこ〜でもない、楽しい話。















































子供達がたくさんいると店の中はぐちゃぐちゃ。私は親戚のおばちゃんの気分で楽しみます。




パピコにだってお友達がやってきます。
近所のハムカツ。



二年前に鉢植えで買った藤、やっと花が咲きました。
さ〜今年の夏も
たくさんの素敵なみなさんと楽しいひと時が過ごせますように。
って、短冊に書かなくっちゃ



7/3(水) は、保健所の講習会のため13:30~17:00まで、お店を閉めます。

サンセットの本が出版されたよ。

仲良しの聞平堂の聞平ちゃんが、今度サンセットの本を作ってみようと思うっちゃんって言ってたのはかれこれ2年くらい前の話だろうか。 やっとやっと先週の8/24に発売になった。 サンセットのことを初めって知ったときから早30年。 RUSTIC BARNを始める前の20代後半...