土曜日, 6月 25, 2022

「ようこそRUSTIC BARNへ」出版記念 7/24


 来る7月24日(日)に私の本、「ようこそRUSTIC BARNへ」の出版記念

そして、22周年のアニバーサリーパーティを当店で開催します。

店の庭には、素敵なショップが並びます。


ここに並んだショップの半数の皆さんとは、昨年の秋に
「これからみんな何して楽しむ?!」
と、語り合いみんなそれぞれお互いの展望を語り合った仲。

そして、最近出会って大変感激した 伊都の国 洗剤hinata さんも出店してくださいます。
どんなに凄いかは、当日話名人なご夫婦から聞いてください〜


7/24  15時くらいからは、大好きで大切な友人 塚本美樹さんのVISIONS ヴィジョンズとともに

絵本の読み聞かせライブをします。参加してくださいね。

当日入場の際は、ぜひ「ようこそRUSTIC BARNへ」をご購入ください。

もう、買ったよ!という方はご自宅で本と一緒に撮った写真、

もしくはネット等での購入履歴などの写メなどをご持参ください。


-----------先日、ヴイジョンズの美樹さんとの会話。

多くの人に「いいね〜」と認めていただくためには、

映画でも、コンサートでも、本でも、それを作り上げるためには、

たくさんの労力と時間がいるということ。

本気で作る方が取り組めば、作り上がっていくものを通してちゃんと人に伝わるということ。

どうぞ、私の思いもみなさまに伝わりますように。

美樹さんから、

「いつ頃からこの本の制作をしようと思ったの?」

と、質問され 私は美大の同級生のけいこさんが東京から来復した時に、ご主人の竹谷隆之さんが、福岡博物館のジブリ展で、プロデューサーの方とトークショーをした時、

「どうやったら皆さんのように、素晴らしい仕事ができるようになるのか、自分の学校の生徒たちに伝えたいのですが・・・」

という会場からの質疑に、二人とも言葉を揃えて同じことを言っていた。

「今、目の前にある仕事を毎日毎日こなしていってるだけです」

と。

私はこの言葉に大変感銘しました。

このトークショーの二日後、私はLAに渡り、

久しぶりに会った映画の仕事で大成功しているたっちゃん。彼もおんなじこと言ってた。

人生は直向きに好きなことにすき進んでいると、自ずと楽しくなるんですね。

きっとその頃から、むくむくと本の制作の構想は始まっていた気がします。


今日は朝から激しい雷雨。
パピコは、家でも店でも片時も私のそばから離れず震えています。
怖い、って顔してるでしょ?(笑)







木曜日, 6月 23, 2022

スマートって


駐車場の脇に植えたアガパンサスがガンガン咲いています。
梅雨の晴れ間に、お客様がポロポロと切れ目なくいらっしゃいます。

「これだけは今日は聞いてほしい!」
が、どのお客様にもあるようで、
やれ、昨日競艇で300万円すってしまった。だの、
車でたこ焼き屋を3ヶ月したけど、やっぱり無理やったわ〜、だの
あそこの昼ごはんは美味しかった、だの
ここのご飯のあの黒い粒々はなんですか?だの
やっぱり帝国ホテルの何が最高かって、1ヶ月泊まってわかった。素晴らしい接客なのよ!とか
皆様それぞれの日々を過ごし、それぞれの感想をお土産にやってきてくれるのです。
あぁ、だからこの仕事はやめられない!

今日は、素敵なカップルが楽しそうにカレーを食べています。和やかでいい風景。


間も無く私の稚拙なエッセイ本「ようこそRUSTICBARNへ」が、
書肆侃侃房より出版されます。
全国の本屋さんにも並ぶ予定ですが、ON LINEでもお求めいただけるように、
店の HPから飛べるようにしています。http://rusticbarn.info ←ぽちっとしてみてね。

先日一週間の銀座の個展を大盛況に終わらせてご来店 の 画家 ヨンちゃま
今回の個展で何が素晴らしかったかって、
生まれも育ちも銀座の画廊のご主人の気配りの素晴らしさだったらしい。
やっぱり都会の人って嫌味なく気が効くというか、スマートなのよね。
そして仕事もスマートにできる。その話に頭をふんふん振りながら頷き、
おぉ!そういえば、私にも同じような現象が!と気がついた。

今回の出版にあたって、「どうしても!」という訳でもなく、信頼する数人の方から、
「あの出版社がいいんじゃない?」
と、勧められたのが 書肆侃侃房 さんだった。
ズブの素人の私が、出版社の人とお仕事でお話をするのは人生2回目。
実は、書肆侃侃房さんへ行く前に関東の出版社にも打診した。
関東の出版社の方も対応は丁寧だったが、私の中でピンとくるものが無かった。
そして、どうしても今年の夏には本を出版したいという思いの逆計算から、
これは急がねば!と、1月の終わりに一念発起して書肆侃侃房さんへ赴いた。
当たりだった。
担当してくださった方は、この出版社の代表の娘さん。出会ったその日から、画家のヨンちゃまが銀座の画廊で味わった思いとかなり似た思いをした。
仕事に無駄がなく、レスポンスが早く、こちらが思っている以上のところまで気が利いている。
要は、スマートに仕事ができるっちゅうことですな。
こんな出版社に出会えたことに、今になって本当に感謝している。
ここだったから、あの本がいい感じに出来上がっていったんだと。

てな訳で、ほんにお楽しみに〜



 広告用に色校の紙を紙の見本に巻いて、本のダミーを作ってみました。


金曜日, 6月 10, 2022

カタクリの花が咲いて


カタクリの花が咲きました。それも庭のど真ん中。主張するね。
毎朝の散歩は、そろそろ日の出と共にに行かないと、知らないうちに真っ黒になってしまいます。えぇ、私がね。


数日前、やや混み合っていた当店。
あぁトイレに行きたかった〜とお客様が引けた夕方、
便座に腰を下ろし横に飾っている花を見る。
ん?無い。
たとえトイレでも気持ちよく使っていただきたいと思っている私。
友人からいただいた弘兼くんの花瓶を二つ置いて、細長い方に芋のつると丸っこい花瓶にドクダミの花を飾ってました。
細い花瓶が無い。
どう言うこと?
その後、店内の棚を見ていると、
あれ?星形の人手ちゃんたちが全部ない・・・
誰かが持っていったらしい・・・
気に入ったんなら、差し上げるのになぁ、なんか寂しい。

ちょっと落ち込んでいたら、以前サンセットライブの営業で福岡中を駆けずり回っているときのことを思い出した。
毎年ライブの前になると、バスにぶつけたりタクシーにぶつけたり、電信柱にバックしてハッチバックのガラスを粉々にしたり・・・それはそれは結構大きめの事故をしていました。
毎回事故が起こるたびに、
「アァ、これで今年のライブも成功するな」
と、思っていた自分を。

人の人生は、プラマイゼロ。と勝手な解釈をしている私。
と言うわけで、事故をするのはもう懲り懲りですが、このマイナスな気分を上げる何かがやってくるんだわ!
と、勝手に居直りました。



ただいま、お店の二十周年を記念して本を製作中。
書肆侃侃房さんのホームページでも紹介していただいてます。
きっとこの本の繁栄へと向かっているような気がします。


なかなかやってこない梅雨、紫陽花が水を欲してますね。
新たな自分探しの研修のため、
6月11日(土)は、14時からの営業とさせていただきます。
6月12日(日)は、14時半までの営業とさせていただきます。
ご了承ください。





 

火曜日, 5月 31, 2022

かりんちゃん、おめでとう!


私の店のオープンと同時期に福岡市内から前原駅前のお米屋さんの家のおじいちゃんおばあちゃんたちと一緒に暮らすようになったかりんちゃん一家。

毎日のように、うちの店とお米屋さんとを行き来していた。


上の写真はオープンしたばかりのうちの店の入り口付近。当時は草すら生えていなかった。

よく遊んだね〜


幼稚園のお遊戯会も、小学校の運動会も見に行った。

そのうち大きくなってなかなか会わないようになったと思ったら、大学生の時にバイトさせてくださいと言って来た。

ネズミのようにちょこまか動くかりんに、「子年?」って聞くと、両手を前で揃えて、うんとうなずく。やっぱりネズミだ。

ちっちゃかったかりんは美しい女性になって素敵な人と出会って、日曜日に結婚式をあげた。

パパとバージンロードを歩く姿も、微笑ましかったよ。


笑いが絶えない、楽しい披露宴だった。私はすっかり親戚のおばちゃんやったね。


おめでとうかりんちゃん、ますます幸せになってね。



ドクダミの咲く頃


 5月24日のお昼頃、ふと頭の中に彼のことがよぎり、どうしてるかな?

と思っていた。

そしたら翌日、友人からのメールが届いた。その日の早朝、彼がお星さまになったと。

昨日、挨拶に来てくれたんだ、と思った。

そんなによく会っていたわけではない。

芥屋の花火大会で、家族で芥屋のらくさんの家でみんなで大騒ぎしたり、

2019年の3月の同時期にアメリカに旅行に行ってて、LAにいる私にメールくれて、

「アメリカのどこかで会えるといいですね!」ってメールくれたり。

2019年のRUSTIC BARNの19周年のアニバーサリーガーデンパーティは家族で参加してくれた。


数ヶ月前も家族で、いちごパフェ食べに来てくれた。

なんだか寂しいよ。

みんな大好きだったと思うよ、大和のこと。

また、家族でお店に来てくれるといいな。

ありがとうね。

共に過ごす時間はいつも楽しかったよ。

金曜日, 5月 20, 2022

麦秋の時


 散歩道が麦秋をむかえようとしています。

なんと前回の投稿からもはや一ヶ月経とうとしている・・・

忙しい日もあったのですが、いつもほどは混まなかったゴールデンウィーク。

そして5/11にパピコは8歳に、13日に私はパピコの歳の七倍の年になりました。

えっとそれから何してたんだっけ?

そうだ2020年から始めた「RUSTIC BARNの本」の出版が大詰めを迎えていて、やったことない出版作業にてんやわんやしてたんだ。

まもなく、詳細を発表できると思います。少々お待ちを〜


GW中に貸し切りにして、お友達と手巻き寿司を囲んで語り合った日もありました。
楽しかった〜
こんなのも大事ね。

庭は緑でいっぱい。





そして、いつされたかも忘れてしまったテレビの取材。やっと放送されます。

5/23月曜日、RKBタダイマ!で「カレー探偵たける」のコーナーで当店のナスと挽肉のカレーを紹介してもらいます。是非ご覧ください!

先日、HINODEの黒ちゃんが赤ちゃんパピコの写真をくれました。


可愛すぎて倒れそうになりました。

今はこんなふう。やっぱりかわいい。





土曜日, 4月 02, 2022

Grain Market・April 23th


 4月23日にMONOGOCOTIさんで開催される Grain Market に参加します。

MONOGOCOTIのNaomiさんとは随分前から顔見知りではあったのですが、昨年あたりからグッと仲良くなれて、Naomiさんからこんな話を聞きました。

「うちのパパが糸島にきたの、マコさんがきっかけよ〜」って、へ?何それと聞くと、

かれこれ20年ほど前、天神のカレーショップ(多分ベアーさん)のカウンターでカレーを食べていたパパは、

「糸島がどれだけ素晴らしいか、住むなら今です!不動産屋さんは T不動産をご利用ください!」と、聞かれてもいないのに、コンコンと糸島のことを熱く語る私に出会ったらしい。

ランチでたまたま隣の席に座った見ず知らずの男性に、よくもそこまで熱く語ったもんだ、私。

その話を聞いたパパは、早速翌日 私が伝えたT不動産を訪ねるも納得いく物件は見つからず、何の気なしに見つけたガソリンスタンドの空き地に目をつけそこを購入。

それが今のMONOGOCOTIさんのある場所。

MONOGOCOTIの建物やその奥の住居は、建築家の柿沼守利さんのトータルプロデュース。そんな素敵な場所を思いっきり使って今回の Grain Market は開催されます。



今回のマーケットは、去年の秋、

Naomiさん@monogocoti 、 URUのハツネちゃん@uru.216、Peace Weave@peace.weaveのシマちゃん、Calin ちゃん@calin.0 、游仙菴のMinakoちゃん   @imnk525

たちが、うちの店にやってきて、ワイワイガヤガヤこれからの私たち何する〜?の決意表明した時に決定した話。

なんとも粒ぞろい(grain)な、みなさんが集う素敵なマーケットに私も仲間に入れてもらいました。

4月23日 10:00〜17:00 糸島市志摩久家の「MONOGOCOTI :モノゴコチ」にて開催です。

どうぞ素敵なひと時をお過ごしください。



ワーゲンんの横のチューリップが咲き出しました。
パピコも元気に待ってます。


*4月9日(土)10日(日)は、誠に勝手ながら諸事情によりお休みさせていただきます。
続けて、4/11,12も定休日のため休みです。ご了承ください。


木曜日, 3月 31, 2022

仁礼 博さんに写真を撮ってもらいました。

 


素晴らしく天気のいい日曜日、カメラマンの仁礼博さん https://hiroshinirei.com

写真を撮ってもらいました。

10年前、葉山から糸島に移住してきた仁礼さんを先輩に紹介してもらいました。うちの店にやって来た仁礼さんは、カウンターに座ると

「俺、この店が糸島で一番センスいいと思うわ」

と、タバコを燻らせながらポロリと言ってくれたのが、今でも私の日々の励みです。

今回、写真を撮ってもらおうと思いたったのは、

数年前からRUSTIC BARNの20周年を記念した本の制作をコツコツとしており、やっとのことで目下、出版社とやりとりをしている最中。

この本の最後に、私のプロフィールのページを設けていて、きっと読んだ人は、この人どんな顔しとるん?と、きっと気になるはず、と勝手に決め込み、ここは兼ねてから一度は撮っていただきたい!と思っていた仁礼さんにお願いした。

一年間でほんの一週間しかない庭の花が満開のこのタイミング、逃してはならない!と仁礼さんの奥様のめぐみさんに電話をかけてみる。

めぐみさんは、東京にいる頃から出版社(マガジンハウスだったかな?)で、働いてらして話の呑み込みがすこぶる早いキレ物。

この本を作りたいと相談した時も、出版社とはなんぞや、本を作るには、まずこうしたらいいんじゃない?と数々の教えをくださった方。

電話口のめぐみさんは案の定すぐに話をわかってくれて

「著者近影ってやつですね〜パパに聞いてみるね!」

と、答えたところから、数時間後にはうちの店に夫婦二人で来てくれた。

日曜日の昼だというのに、ランチのお客さんが引いた後、パタっとお客様が引いた数時間、撮りに撮ってもらった。

仁礼さんの撮る写真は、仁礼さんのホームページ→ https://hiroshinirei.com を見ても分かる通り、数々の素敵なミュージシャンから普段の人々まで、そこにソウルを吹き込んだような写真で、私は見ていると目頭が熱くなったり、胸がグッとなったりする。

どんな感じで出来上がるんだろう?撮られながらワクワクする。

時々仁礼さんが、「あっちむいて〜」「あ、いいね〜」と小さく言いながらシャッターを切る姿を見ていると、なんだかアイドルにでもなった心地よさだ。

ニットキャップからプラチナブロンドの髪(めぐみさんはヤニ焼けの白髪だよ〜と笑ってた)が伸びる仁礼さんはこんな風貌。イカすおっさんです。


店を始めた20年前から、今の私は少しくらい幹は太くなったんだろうか?

(店の1周年のパーティの時、21年前)


早々に、出来上がった写真をめぐみさんが届けに来てくれた。

「あ〜ん!かわいいやん私!」

つい、口に出してそう言ってしまった。

多分、いつもの私以上に、私のpotentialを引き出してもらっている写真の数々。

納品と同時にお支払いもするのだが、なんだかこれはかなりお得なのでは?と思った。

時間が合えば、仁礼さんどなたでも撮ってくださいますよ〜

あぁ、本の出来上がりがますます楽しみになってきた。

今日は雨降り、あの日満開だったプラムの花は、ほとんど落ちてしまった。


んでもってパピコは本日、店内営業となっております。










土曜日, 3月 26, 2022

プラムの花が咲きました


 今年もプラムの花が咲きました。白い花だから青いお空に映えるのです。

1、2、3月は本当になんだかバタバタする。


月曜日は、パピコと一緒に天神まで納品に。

美しい海岸線を走っての納品は、休日のドライブ気分。と、納品が終わって天神地下街を歩いているところで、博多ダンサーから、「よんじょう画伯 のお誕生会、本日決行!」の連絡が入り、バタバタと店に戻り、パーティの準備をする。

ニースのお家から帰ってきたばかりの、よんちゃまのおもてなしはサル鍋。よんちゃまは昨年散々悩まされたお猿さんの何かが入っていると恐れていたものの、これは猿山さんと言う人のレシピのお鍋。

満開のプラムの花の下、シャンパンで乾杯して楽しいひと時でした。


翌日は、カフェのポータルサイトCAFE TRIBE (カフェトライブ)さんの開業20周年パーティ。福岡のカフェの皆さんはホント仲がいい。
連日のパーティに9時を過ぎたところでお暇させてもらいました。
あぁ、もうてっぺんまで遊ぶなんて考えられない。目がもたない・・・


休み明け一発目のお客様は、竹富島でお宿  ちいさな島宿 cago  を営んでらっしゃるまりこさん。あ〜、なんて素敵なお宿でしょう。「必ず泊まりに行きます!」と約束してお見送りしました。
一人旅が好きな私は、そのいく先に、たった一人でいいから知っている人がいる所を好んで、旅に出ます。一人旅でずーっと一人きりなのは寂しすぎるしね。

連日、濃い濃いの日々を過ごし、毎週毎週あっという間に日が過ぎていく。世間はいろんなことで心悩ませたりしてるけど、私は私のできることを今日精一杯やって、生きていくと決めております。

あぁ、桜が咲き出しましたね。今日の嵐で飛んで行きませんように。


4月23日は、モノゴゴチさんのイベントに参加します〜






火曜日, 3月 08, 2022

春はあけぼの


「春はあけぼの。やうやう白くなる山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。」 と、清少納言の気分の朝が続く今日この頃です。


日曜日は、ナチゅ村さんが無農薬農家さんと久留米の酒蔵と組んで作った、純米酒のお披露目会に行ってきました。
余計なものが一切入ってないこのお酒は、私が今まで飲んできた日本酒の中で一番美味しかった!
美味しいものは、人を楽しくさせるし、健やかにもさせる。

今日は母の誕生日。このお酒でお祝いしよう!と家族で話して手巻き寿司をすることに。
どうせなら美味しいお魚でいただきたい。
ということで朝からお魚天国に車を走らせました。


漁師さん直営のお魚の天国だけあって、魚介類のラインナップは見事です。
産地直売所、好きなんですよね〜どこも季節の新鮮なものを自慢げに並べてあってみて回ると堪らない〜
糸島の魅力の一つは、やっぱりそこ、直売所のラインナップの見事さ。
いつもの仕入れは志摩の四季、肉はトラヤミート、魚はここやふくふくの里、花は伊都菜彩、新鮮一番も好きだな・・・

さ、美味しいお魚クーラーボックスに詰めて、パピコと一緒に実家に帰ろう。
今日はお雛様と一緒にお祝いします。



おしらせ:4/23 (土)は、モノゴゴチさんにて開催される grain marketに参加します。(お店の営業はお休みです)




 

火曜日, 3月 01, 2022

あっという間に三月ですね




 あっという間に3月になりましたね。

今年もかわいいお雛様出しました。嫁に行くのが遅くなるとか、もう行くつもりもなければ、たとえもし行くとしても充分遅いので、ゆっくり今月中は出しておこうと思います。

やっと散歩道に春の花が顔を覗かせるようになりました。今年の冬の長くって厳しかったこと。


最近、同じような個人事業者の方に、「おたくはどう?忙しい?」と聞かれたりしますが、うちは相変わらずボチボチの店。

それよりも嬉しいのが、いろんな方からのご紹介で来てくださる方がほとんど。

「もうずいぶん前に来て、もう一度きたいと思っていたら、今日一緒のお友達が連れてきてくれた」とか

「さっきまでワークショップを受けてきて、そこからの紹介できました」とか



「うちの子がこの春に関西に大学で行っちゃうからその前に顔見せにきたよ」とか

「スコーンの美味しいお店に、おすすめのカフェ教えてくださいって言ったら、こちらを教えてくれました」って、高山でカフェを営むご夫婦だったり。

「マコちゃん、高校合格したよ〜!」って、家族で嬉しい報告しにきてくれたり。あれ、家族に紛れてうちの子も並んでいる・・・


20年もお店をやってると、もうこっちがきて欲しいなぁと思う方ばかりが店に来てくれているような気がします。ありがたやありがたや〜

そうそう、先日産直で買ったミモザがしっかりと水揚げをして、

硬いつぼみだったのが見事に咲きました。

もうこれはどれだけ感激したか!


やっとやっと春がやってきましたね。

寒くて千々籠っていた心も体も解放されますね。季節が巡るって素晴らしい。

3月6日(日)は、所用の為お休みします。





「ようこそRUSTIC BARNへ」出版記念 7/24

 来る7月24日(日)に私の本、「ようこそRUSTIC BARNへ」の出版記念 そして、22周年のアニバーサリーパーティを当店で開催します。 店の庭には、素敵なショップが並びます。 ここに並んだショップの半数の皆さんとは、昨年の秋に 「これからみんな何して楽しむ?!」 と、語り合...