火曜日, 2月 13, 2018

雪ふったぁ〜

日曜日の朝のお散歩、右を見ても左を見ても雪。







山沿いはもっともっと降り積もったんでしょうね。
白い道のお散歩は、すってんころりんと転んでしまいそうで、
ペンギンのような歩き方になってしまいます。

寒さが手伝って、なかなか溶けていきません。





雪の明るさで、
お店の中まで明るいです。














雪降りの前には、
2/8に福岡空港にオープンしたANA FESTA「 カフェ&バル糸島」
に当店の”オイル漬け”も置いていただき、
その出荷むけて頑張ってました。

福岡空港、7、8番ゲートから入ったところにあります。
空港利用される際は、ぜひお立ち寄りくださいね。











明日2/14 は、セミナー研修のためお店をお休みします。
暖かくお天気になりそうなので、きっとたくさんの方が糸島を楽しみにいらっしゃるんだろうな。

火曜日, 2月 06, 2018

糸島リトリート〜雪景色



1月の寒いけど晴れた日に、お店を貸し切りにして
「糸島リトリート」のお客さまをお迎えしました。


retreat、、、
日本語で直訳すると、避難、退去、隠居、静修などの意味を表しますが、
近年リトリートという言葉が表す
「仕事や家庭生活等の日常生活から一旦切り離し、自分と向き合う時間や新しい体験を新しい場所でする事で思考の転換を行い”よりハッピーに人生を再スタート”する」
という言葉として使われています。


糸島でのリトリート、今までしてきた方もいらっしゃるでしょうし、これからますます流行りそうですね。

全国から、びわっちの声かけで糸島に集まった皆さん。
それぞれにリトリートしてましたよ。




さてさて、2月に入ってなんだか体調がおかしいなと思っていたら
腎盂炎を患っておりました。
お友達やお客さまから、何よりこの病は安静が一番だよ、無理しちゃダメ
と助言をいただき、数日お店をお休みさせていただきました。


ただいまはボチボチ、、、といいたいところですが、
第4回目のさくらいとしまつりも近づいております。
(このおまつり、今回で私は卒業します。)
アン・サリーさんで大いに盛り上がって締めくくりたいと思います。


そして、2月8日に福岡空港7、8番搭乗口入ったところの
ANA FESTAさんのお店「糸島バル」に当店のオイル漬けが並びます。
お土産に是非お買い求めくださいね!



あまりの寒さにパピコにはウィリアム王子からのおさがりのセーターを着せてあげました。
本人もまんざらでもない感じです。

あぁ、しかし寒い寒い。
北海道から来た彼女が、家の中は糸島の方が北海道より寒いって言ってたのを思い出します。


土曜日, 1月 20, 2018

お話ししたい。



先週末から少し寒さが和らぎましたね。
そうすると途端にお出かけモードが入るのかしら、
週末はこの小さなカウンター席がびっちりうまります。
カウンターが空くのをテーブル席で待っていて、
あいた途端に、皆さんカウンターにやってくる。
あ〜でもない、こ〜でもないお話しが満載。

人それぞれに楽しみや悩みがあって、
このカウンターでお話ししてく方の多いこと。
みんなお話ししたいんですね。



いろんなお話しが飛び交う中、
ときどきやってくるかわいいK子さんが、
「マコさん、コーヒーの実がなってる!」と!
このコーヒーの木は、お店がオープンした頃にそわか君からプレゼントしてもらったもの。
30cmにもみたない小さな植木だったのが、いまでは2m近くにもなったのですが、
花も咲かなきゃ実もならない、葉っぱはすぐに茶色くなる。
この育て方でいいもんだか?
と、ずっと悩んでいたのですが、あ〜うれしい!



週の半ばには、ご近所さんのお通夜でした。
隣組の方のこういった式には、もうずいぶんここにいさせてもらっているとはいえども、やっぱり移住者の私。
先住者の皆様への感謝の気持ちを込めて、なるべくお参りさせていただくようにしています。



また、週末がやってきました。
半襟と帯が薔薇柄のお着物の素敵なお客様、ついパチリしちゃいました。
週末にちょっとオシャレしてドライブ、素敵すぎる〜!

お歳暮で「牡蠣のオイル漬け」をもらってこの店を知ってくださったお客様が、
牡蠣小屋の帰りにお友達を伴ってお茶しに来てくださいました。
こんなフィードバック嬉しいな。

いろんな形でいろんな風にうちのお店を知って楽しんでいってくださる方たちがいらっしゃることを感じると、あぁやっぱりお店続けててよかったなぁとしみじみ感じます。

さぁ明日は日曜日。
どんなお客さんがいらっしゃるかな。
毎日が出会いの連続。この仕事はやめられません。
パピコも元気にお待ちしてますよ〜

土曜日, 1月 13, 2018

寒い寒い。






寒い日が続きます。
パピコのお水は分厚く氷り、
金魚も氷の下で泳いでいます。

小学生たちは、
凍った水溜りを一つずつパリパリっと割りながらの登校、楽しそう。















3月の「さくらいとしまつり」に向けて、
同業者の皆さんのところに出かけていくも
どこのお店も仕込み日和。
この寒さでは、なかなかお出かけ日和とはいかないですよね。

お店から南に見える山も、ここ数日はみんな白い帽子をかぶってます。






こんな寒い日に来てくださるお客様の嬉しいこと。
いつも以上に神様に見えます。

パピコもまんじりと冬空の下で皆様のお越しをお待ちしています。



寒い季節には、明るい花をカウンターにたっぷり飾って春の訪れを待ちます。
こっくりとしたココアや、生姜が入ったチャイ、深みのあるコーヒーが美味しい季節です。

明日からは少し気温も上がるようですね。
お出かけ日和になるといいな。

月曜日, 1月 08, 2018

2018年がやってきた。



新年あけましておめでとうございます。
2018年がやってきました。



お正月は、実家に帰ってのんびりと過ごさせてもらいました。
4日から営業予定だったのですが、
3日の天気があんまりいいものですから、ついフライングしてお店を開けました。
優しい光が差し込む中、いつもの方だったり、開いてるなら来るよ!と
ぽちぽちお客様もやってきて和やかに新年の初営業日を過ごしました。



初詣に行った櫻井神社には、第四回 さくらいとしまつりのポスターも貼られてました。
アン・サリーさん楽しみですね。
まだまだ協賛募集してますよろしくお願いします。



穏やかに始まった2018年。
今年の年賀状は戌年ですのでもちろんパピコにしました。
今年もパピコ共々よろしくお願いします。


日曜日, 12月 31, 2017

今年もお世話になりました!



昨年、戦々恐々で作った百貨店さんから依頼の「おせち」。
今回は二回目で、昨年ほどの緊張はなかったものの
やはり、選んでいただいた方が、新しい年に一番に食べていただけるものということで
細心の注意をしながら、丁寧に作っていきました。



おせちの集荷がやってくるまで、
庭でパチパチ焚き火。
今年一年のあんなことこんなことを、天へと舞い上がらせました。

開けて大晦日の今日。
あぁ、やっぱり緊張していたんだ、なんだか体がガタガタぐらぐら。
ここでゴロンとしたいところだけど、今年も残りあとわずか。
もうひとふんばり、お花をお正月用に生けたり、念入りにお掃除したり。
すっきりした気分で、実家に帰ろうかと思います。
たくさんの皆さんに支えられて、この小さな店はまた今年も年を越すことができそうです。
どうぞ、また来年もよろしくおねがいします。
2017年も、ありがとうございました!
皆様も佳いお年を!






日曜日, 12月 24, 2017

雨のクリスマスイブに



しとしとと雨が降ってきたクリスマスイブ。
皆さん、いかがお過ごしでしょう。



お店で使っている私が作ったカトラリーケースを見て、
「つくりたい!」と言ってたお客様が、
先日、かご作りにいらっしゃいました。

かごの素材の蔓は、裏山に生えてます。
お外で、かごを編み編み。
みなさんそれぞれの味わいを持ったかわいいかごが完成。



このお客様の中のお一人から、一つ相談を受けました。
来年の3月21日に、翻訳家の山川 紘矢・亜希子夫妻を福岡に招いて講演会をされると。
そしてその翌日に、山川夫妻を囲んで、糸島リトリートするランチの場所を探してらして、是非うちの店でお昼ご飯と交流会がしたいと。

う〜〜〜ん!3/21といえば、アン・サリーさん招いての「第四回さくらいとしまつり」
しか〜〜し、山川夫妻といえば、この方達が翻訳した本をどれだけ愛読してきたか、、、
30秒ぐらい悩んで、お話お受けしました。

きっと、3月のその頃には糸島にとてもいい風が吹くんでしょうね。


毎年恒例のクリスマス会も無事に終わりました。
例年子供達は、私にお手紙をくれます。これが長年の私の宝物。
なので私も頑張って美味しいご飯を用意します。



プレゼント交換、なにがきたかなぁ?























フルーレの真っ赤なイチゴのタルトも美味しかったね。










さて、今年の当店の営業は、明日12月25日(月)までとなります。
そしてわたくしは一人コツコツとおせち作りに励みます。
年明けは4日から営業します。


土曜日, 12月 16, 2017

櫻井神社にアン・サリーがやってくる。



Heaven's Gardenでいただいたもみの木をhollyと一緒に飾りました。
あのうだるような暑さから、穏やかな秋は足早に遠のき、いきなりの厳しい寒さ。
そんな中、今年一年を振り返り なんともあれこれあった年だったなぁと。

お店の仕事の傍ら、「さくらいとしまつり」という三月の春分の日に櫻井神社で開催するお祭りを三年前に立ち上げ、実行委員として動いてます。

私が櫻井神社に足繁く足を運ぶようになったのは、
2007年に、仲良しの茅葺職人荘和可くんが、櫻井神社の大神宮の茅葺きを行った時からです。
そわか君から頼まれ茅葺職人の皆さんに毎日神社までお昼のお弁当を届ける。
そうしているうちに、お弁当を届けるのが楽しくって楽しくって、
毎日神社に足を運ぶのが、大好きな恋人に会いに行くかのような心躍ることだと気づきました。

そして出来上がった茅葺屋根を見た時に、目頭が熱くなり
建物を見て胸が熱くなるなんて、「茅葺」という伝統芸術に対してひどく感銘したことを覚えています。

この後、大神宮の奥のお宮の吹き替えも済んだ頃、
そわか君が、式年遷宮が行われている伊勢神宮の茅葺の作業に加わりたいと相談を受けました。
「今行かなかったら、後20年後だよ。行っておいで」
と背中を押したことを覚えています。
もちろん彼は伊勢神宮に出向き、素晴らしい仲間たちとともに葺き替え作業をこなして帰ってきました。

式年遷宮後の外宮の大きな鳥居が、櫻井神社に移築されました。

その移築をお祝いする機会と「第一回さくらいとしまつり」とのタイミングがぴったりと合いました。

「さくらいとしまつり」の始まりは、RUSTIC BARN 14th アニバーサリーに協力してくださった方が櫻井神社とも縁のある方で、このイベントを櫻井神社に持ってきませんか?というところからでした。

お店に縁のある仲良しの友人たちにも応援してもらって、
お店でやっていたのとは比べようもない大きなイベントとなっていきました。

その「さくらいとしまつり」も今度の春で4回めを迎えようとしています。
手伝ってもらっていた友人たちと、いつかは呼びたいね!と話していたアン・サリーさん。
今回その思いがかない、櫻井神社で彼女の歌声を聴くことができます。



この「さくらいとしまつり」は、神社でしていることもあり、入場無料です。
皆様の協賛によって運営しています。
なにとぞ、協賛のご協力お願いいたします。
当店に来ていただいても結構ですし、
FBの さくらいとしまつりのサイトに明記の口座への振込も承ります。

家族みんなで、お友達をたくさん誘って 美しい彼女の声が楽しめます。

ご協力してくださった方は、お祭りの日に配る会場案内フライヤー内と、
神社の境内にてお名前を紹介します。

アン・サリーさんが大好きなそわか君は、彼が茅葺いた大神宮の屋根の上から鑑賞です。




これからの 「さくらいとしまつり」は、
櫻井神社で150年前楽しまれていた「能」を復活させようと動き出しました。
当店のアニバーサリーから、伝統芸能の復活へ、
次なる新たな形に、時代も世代も変わっていこうとしています。

金曜日, 12月 08, 2017

冬の赤



寒い季節の赤は、目に暖かさをくれていいものですね。
ふと気がつけば12月も半ば、
週明けから寒さがぐっと厳しくなってなかなか体が追いつきません。

おついたちにお参りに行ったのが、もうずいぶん前のことに感じられます。



そして4日の満月。
夕方の散歩で、東の空を見ると上がったばかりのお月様。
その光の強さや、大きさにはッとさせられました。



今年は、庭にある木の実がよくなる年でした。
夏のビワや柿、そしてこの季節はフランス柊。



リースにくっつけたり、店内に飾ったり。































寒空の中、今日は誰が来るのかなぁ〜 
パピコはいつも待ってます。

日曜日, 11月 26, 2017

私も、ふぉ〜ゆ〜ファンです!



先日、KBCアサデス。の中でご飯を食べに来てくださった
ジャニーズ Jrの”ふぉ〜ゆ〜”の皆さんの博多座の公演の週でした。
可愛い皆さんがいらっしゃるだろうと、
お店のお花も可愛いい色のガーベラをたっぷり生けて皆さんをお出迎え。

彼らが食べて行ってくれたカレーを皆さん召し上がってくださり、
どうでしたか?の質問に、
テレビの質問でも「素晴らしい出来栄えの皆さんで!」
と、つい上がりまくって思いっきり本音で答えた私です。
いらっしゃるファンの皆さんに、私が感じたことを精一杯お伝えしました。
もう、皆さん本当に大好きなんだなぁってのがシミジミ感じられて
可愛かった!素敵だった!
メンバーの名前もおぼえましたよ!
できることなら私もGACHI見にいきたかった!
もう、すっかりファンな気分です。
ますます頑張って欲しいなぁ〜 応援してます!

寒さがずんずん深まっていった今週、
コサンタが遊びに来てくれました。
やりたいことが山盛りすぎて、眠れんいうので、
ゆっくりハーブティを飲んでいきんしゃいと激励しました。



先代のパウダーから、パピコもお世話になっている
動物病院の先生のブログがもとになって本ができました。
それも学研さんから!





先生は、客観的に見ても可愛いタヌキだったっていうけど、先生が可愛がったからこんな可愛いタヌキになったんだと思う。
可愛がるって大事なことよね。
そして、なんともいい本です。
当店にもありますから、ぜひ手に取ってみてくださいね。

本には、いつもお世話になってるスタッフの皆さんも勢揃い。知ってるものにはまた格別楽しい本です。


























本ネタ続きで、
ドラマ「いとの森の家」でも同じようにロケ地になり、
原田大六さんつながりで、仲良くしていただいている二丈の「龍国寺」さん。
先日、和尚さんと奥さまが、ご子息の眞龍さんが本を出したと持ってきてくださいました。
古代の糸島にとても魅力を感じている私。
もう、読み進めるのが楽しくて楽しくてたまりません。
どうぞこの本も、たくさんの方に読んでいただけますように。



本続きでもう一つ、ずいぶん前から仲良しのような気がしてる
時々ご飯を食べに来てくれるMちゃんのご主人の本。
知る人ぞ知る「月光浴」糸島在住ですよ。



定休日に行った雷山観音、
楓の葉はしっかり紅い絨毯になってました。
今週も穏やかに過ごせますように。

雪ふったぁ〜

日曜日の朝のお散歩、右を見ても左を見ても雪。 山沿いはもっともっと降り積もったんでしょうね。 白い道のお散歩は、すってんころりんと転んでしまいそうで、 ペンギンのような歩き方になってしまいます。 寒さが手伝って、なかなか溶けていきません。 雪の...