月曜日, 1月 04, 2010

未来の宝


未来の宝、世の中で一番大切にすべきなのは無垢の心を持った子供たち。
どうしてあんなにどいつもこいつもかわいいのでしょう。
たくさんの子供たちとなるべく多くの時間遊びたい私です。
彼らはすごくたくさんの大切なことを体当たりでおしえてくれるような気がする。

時々悲しい表現に出会います。(言ってなくても背中で言われてたりする…)
“子供生んだコトないからわからないでしょう”
”子供いないからわからないでしょう”
では、あなたがまだ子供を持たなかったときに今のような子煩悩な感情がありましたか?
わたしにはあります。
だってかわいいもん、だいすき!

なので、私は子供たちの話していることに一生懸命耳を傾け、真剣に話しかけます。(ちゃんと会話は成立するよ)
小さくしゃがんで、子供たちの目線になってみます。(小さな波でもしゃがむとすごく大きく見える)
それは子供であろうとも、私はこの子たちのことをひとりの”人”と尊重して接しようとしているからです。
“子供だから…”は違うと思うのです。逆に年はとってても大人になれてない人もいっぱいだしね。
人は自分以外のべつの人に接するときに、たとえ子供であろうと年を重ねた方であろうと
その人の身になって相手を思いやることはとても大切だし、やさしさではないかと思うのです。
そして強いものほど弱いものを守る…
賢い人ほど、7才の子供にでもわかるような口の聞き方をする…
そんなことをふと思った寒い夜でした。
あ〜、しかし子供はかわいい!これはうちのプー

0 件のコメント:

お久しぶりです。

晴天の中、久しぶりに我が店に訪れました。 庭の草木は伸び放題に伸びて気持ちよさそうにしています。 冷蔵庫も製氷機も変わらず動いていてほっとしました。 私はといえば、3/31から九大病院に入院し、原田病の治療を始めるにあたり、決定打となる骨髄液の検査でどうもそうではなさそうだ...