水曜日, 11月 07, 2012

昨夜のご飯

昨日の店休日は、
友人が、ワインを持って遊びにくるというので
簡単におもてなしご飯。

当店の商品の『オイル漬け』4種と
レトルトで売り出している『ナスとひき肉のスリランカ風カレー』を使って、
ワインにあうお手軽メニューを作ってみました。


写真手前左から、
●牡蠣とベーコンのグラタン
●ベビーリーフとキノコのサラダ
●イカのカレーソース炒め
●レバーペースト


あっという間にできるので、
作り方を紹介しますね。

●牡蠣とベーコンのグラタン(2人分)

材料 牡蠣のオイル漬け1瓶 ベーコンとチーズのオイル漬け1瓶
   ほうれん草3束 ホワイトソース180cc 
1、ほうれん草を湯がき、食べやすい大きさにきっておく。
2、グラタン皿に、オイル漬けの油大さじ1を焦げないようにぬっておく。
3、2に、ほうれん草を敷く。











4、ほうれん草の上に牡蠣をのせ、そのうえにべーコンとチーズをのせる。










5、4にホワイトソースをかけて、200℃のオーブンで15分焼く。












<ホワイトソースの材料と作り方>
1、小鍋を熱して、バター20gを入れて溶かし、小麦粉大さじ2を加えて焦がさないように練って火から下ろす。
2、鍋が手で触れるくらい冷めたら、牛乳150ccを少しずつ加えながら、混ぜて延ばしていく。
3、2の鍋にローリエ、タイム塩コショウ少量を加えて再び火にかけて混ぜ、煮立ったら火から下ろす。
(市販の缶詰などを使用してもいいと思います)



●ベビーリーフとキノコのサラダ(2人分)
材料 椎茸のオイル漬け1瓶 ベビーリーフ50g 粉チーズ適量 レモン汁大さじ1 塩コショウ 各少々

1、ベビーリーフを皿に山高くもる
2、ベビーリーフのまわりに椎茸のオイル漬けを好きな量もる
3、2に塩コショウをふり、オイル漬けのオイル大さじ1、レモン汁、粉チーズをかけて椎茸のオイル漬けの中に入っている唐辛子を真ん中にのせて、できあがり。



●イカのカレーソース炒め(2人分)
材料 イカ(小さめのもの2ハイ)塩 サラダオイル ナスとひき肉のスリランカ風カレー100g

1、イカの皮や内蔵をとって、水で洗い、キッチンペーパーで水分をとって一口大に切る。
2、フライパンにサラダオイル大さじ1を入れ火にかける。
3、塩を少々ふりかけたイカを、フライパンに入れ火を通す。
4、3にナスとひき肉のスリランカ風カレーをいれて、あたたまったらできあがり。

『ナスとひき肉のスリランカ風カレー』
はショウガやコリアンダーシードなどの香辛料がたっぷり入っているので、
生臭さを消し、食欲がわく味付けになります。



●レバーペースト(2人分)
材料 薫胆のオイル漬け100g(豆腐も含む) バター20g 赤ワイン50cc ローリエ1枚 クローブ3個 タイム少々 塩コショウ少々

1、鍋に赤ワイン、ローリエ、クローブ、タイムを入れ沸騰したら火を止める。
2、すり鉢に薫胆のオイル漬け(豆腐も1、2こ)、バター、1(茶こし等でこして)を入れてすりつぶす。
(すり鉢がなかったら、ボウルに入れてフォークでつぶしてもできます)
3、ペスート状になったら塩コショウで味を整えて出来上がり。











いかがでしょう?
あとはおいしいワインとバゲット、
気の会う仲間がいればパ−ティが始められます。
簡単にに調理できて、見栄えはそれなり。
素敵なひとときの脇役として使ってください。

今回使用した『オイル漬け』や『カレー』は
右のリンクRUSTIC BARN NEWSから
通販でお求めになれます。
このレシピとともに、プレゼントもよろこばれそう!

0 件のコメント:

秋の日の光

店にさす太陽の光もずいぶん優しいものになりました。 と言っても先週末からの暑さはなんだったんでしょうね。 片付けようと奥に置いていた扇風機をもう一度お店に出しました。 暑い連休には、二種類のカレーがよく出ました。 連休明けの定休日、 金木犀の香りがする櫻井神社...