木曜日, 10月 03, 2019

曼荼羅と432hz



10月に入りましたね。
おついたちの桜井神社へお参りの後に、神社の海側にあるKalavinka Tatsuishiくんのアトリエへ。誰でもできる糸かけ曼荼羅。
いつか私も、海を眺めつつゆったりした気分で糸かけしに行こう。

仲良しのMutsumiさんが、前日のMusic City Tenjinで演奏していたFryng KidsのキーボードのShingoさんをつれて遊びに来てくれました。

最近よくご来店の Mutsumiさんと、「宙の月光浴」よかったね〜!写真はもちろん、音も良かった!音を担当していた中田悟さんって有名な人だよね〜
とか話しながら、写真展の様子の動画(fbにアップしていた写真家の奥さんのもの)を聞いていたら、
「この音、きっと432hzだよ」
とShingoさん。
なにそれ?の私たち。

人が心地よくなる音の周波数でね、黄金律みたいなものもこれに当てはまり、この音階を使って演奏するので有名なのがスワヴェク・ヤスクウケってひとだよ。
例えば、紙の上に鉄の粉を撒いてこの周波数で振動させると曼荼羅ができるらしいよ。

へぇ〜!!

そう教えてくれると、おもむろにピアノをあけて、STINGの曲を弾いてくれた。



うちの店にも432hzな気が流れるといいなぁ
彼岸花が今年も同じ場所に花を咲かせました。



パピコはいたって元気です。
あ、そういえば、町内のアナウンスにだけ遠吠えをするパピコ。あれも432hzなのか?

0 件のコメント:

お久しぶりです。

晴天の中、久しぶりに我が店に訪れました。 庭の草木は伸び放題に伸びて気持ちよさそうにしています。 冷蔵庫も製氷機も変わらず動いていてほっとしました。 私はといえば、3/31から九大病院に入院し、原田病の治療を始めるにあたり、決定打となる骨髄液の検査でどうもそうではなさそうだ...