水曜日, 8月 21, 2013

奇麗な夕焼けの後に




















お店の入り口から眺めた今日の南の空。
天使が舞い降りてきそうな
美しい夕焼けでした。
今日も暑かったですね。

昨日の店休日は
パウダーのお薬をもらいにいったら、
動物病院の受付に
なんだか持て余している感じの小3のSoちゃん。
一緒に行かない?と誘って、
カオリンと一緒に武雄へお出かけしました。















三瀬峠でおそば食べて、
武雄図書館行って、
それぞれ好きな本読んで、
ちょっと気になる本買って、
スタバでお茶して、
図書館の近くの武雄神社でお参りして、
その奥の大きな大きな楠 見に行って、
帰りは伊万里まわりで
その途中で、淀姫宮によって
がばいばあちゃんのロケ地の小川で涼んで
あぁ、たのしかった〜



今回、武雄図書館の中の蔦屋で
この本を買いました。
本を開くとこう書いてあります。

『そばにあるだけで元気になり、
 毎日に彩りをくれて、
 季節がかわったことを教えてくれる。

 たった一本の緑、
 たった一輪の花があるだけで

 世界が潤うことを知っている人の
 暮らしはとてもしあわせ。

 なにはともあれ、植物を。』



今、外では夕方の雲が発達して
雷が鳴って雨が降ってます。
恵みの雨に植物たちが喜んでるね。

0 件のコメント:

お盆が過ぎて。

百日紅の花が満開です。 羽音を立てて蜜を吸う虫たちが、木の周りにはいっぱい。 負けずに顔を近づけると甘い夏の香りがします。 こんな派手派手のゴマダラカミキリも庭先で見かけたりします。夏が似合う虫だなぁ。 お盆が始まる前の9日は、熊本のキンち...