月曜日, 4月 28, 2008

山小屋の灯り


閉店前、ぎりぎりに電話がかかってきた。
『あの〜今、二見ヶ浦ですが、まだ大丈夫ですか?』
か細いその声をむげに断る理由もなく、お待ちしてますよと言って待った。
やって来た、20代中旬と思われるのそのカップルは朝からご飯も食べておらず、
薬院からGWの渋滞にもまれ3時間かけて、うちの店に辿り着いてくれた。
まるで彼らは山奥でやっと見つけた山小屋の灯りを見るようなまなざし。

3時間の渋滞を覆せるように
優しくおもてなししました。

こんなお客さんもありです。
また、楽しい時をいっしょにすごそうね。

0 件のコメント:

お久しぶりです。

晴天の中、久しぶりに我が店に訪れました。 庭の草木は伸び放題に伸びて気持ちよさそうにしています。 冷蔵庫も製氷機も変わらず動いていてほっとしました。 私はといえば、3/31から九大病院に入院し、原田病の治療を始めるにあたり、決定打となる骨髄液の検査でどうもそうではなさそうだ...