土曜日, 1月 28, 2012

あこがれのTURKEY


いろんな人がやってきます。
いろんなお話をします。
なのでいろんなことを考えます。

いろんなことを考えていると、
自分の中でいろんな事柄が支離滅裂になっていって
なんだか逃げたいような気持ちになったりします。

で、最近逃げたい場所が
トルコ!
カッパドキア!
イスタンブール!
なんてことを、ここ数日、いらしたお客様に
ブツブツこぼしていたら、
”ぼく、トルコ人の仲良しがいますよ!”
とか
”いまテレビでイスタンブールやってるよ!”
とか
"すてきなとこよ、いってらっしゃい!”
なんぞと、電話やらメールが入ってきたりして

やっぱりいくべきか!
と、遠いアジアとヨーロッパの交差点の
ヒッタイトの国に夢を見る私なのでした。

きっとこの時期特有の病だと思います…

でも、ものすごく行きたい気分です。
いきなりなんだよなぁ、どうしてトルコなんだろう…

あぁ、次に生まれてくるときにはキャロルで生まれるぞ!

写真はトルコ人にも食べさせたい
薫肝とカリフラワーのパスタ ジャポネソース

0 件のコメント:

五月の風は金色。

お店の前の畑には、金色に輝く麦が五月の風に気持ち良さげです。 この季節になると毎回ブルーの服を着て散歩に出かけたくなります。 そして、 「その者 青き衣をまとい金色の野に降りたつべし。失われし大地との絆を結び、ついに人々を青き清浄のちに導かん。」 と、ナレーションを入れたくな...