日曜日, 3月 11, 2012

沈丁花



昨日行ったキリム展をやっている
ギャラリーの入り口に
沈丁花が、匂いたつように咲いていた。

『入り口で、沈丁花がすてきなお出迎えしてくれてるね。』
って言いながら帰ろうとしたら、
『持っていきますか?
 お手洗いなんかに置いとくと香りがよくっていいですよ。』
と、数枝をささっと切って手渡してくれた。


帰ってから早速、お手洗いに設置。
いい香りが小さな小部屋に行き届いてなんと気持ちがいいこと。


沈丁花(ジンチョウゲ)
その名の由来は、香木の沈香のようなよい香りがあり、
丁字(クローブ)のような花をつけるという意味でつけられた。

花言葉は、不滅、永遠
なんか、今日にふさわしい花だね。


0 件のコメント:

お盆が過ぎて。

百日紅の花が満開です。 羽音を立てて蜜を吸う虫たちが、木の周りにはいっぱい。 負けずに顔を近づけると甘い夏の香りがします。 こんな派手派手のゴマダラカミキリも庭先で見かけたりします。夏が似合う虫だなぁ。 お盆が始まる前の9日は、熊本のキンち...