日曜日, 3月 11, 2012

沈丁花



昨日行ったキリム展をやっている
ギャラリーの入り口に
沈丁花が、匂いたつように咲いていた。

『入り口で、沈丁花がすてきなお出迎えしてくれてるね。』
って言いながら帰ろうとしたら、
『持っていきますか?
 お手洗いなんかに置いとくと香りがよくっていいですよ。』
と、数枝をささっと切って手渡してくれた。


帰ってから早速、お手洗いに設置。
いい香りが小さな小部屋に行き届いてなんと気持ちがいいこと。


沈丁花(ジンチョウゲ)
その名の由来は、香木の沈香のようなよい香りがあり、
丁字(クローブ)のような花をつけるという意味でつけられた。

花言葉は、不滅、永遠
なんか、今日にふさわしい花だね。


0 件のコメント:

冬の赤

寒い季節の赤は、目に暖かさをくれていいものですね。 ふと気がつけば12月も半ば、 週明けから寒さがぐっと厳しくなってなかなか体が追いつきません。 おついたちにお参りに行ったのが、もうずいぶん前のことに感じられます。 そして4日の満月。 夕方の散歩で、東の空を見る...