水曜日, 12月 12, 2012

旅の途中の話

しっかり充電してきたつもりが、
このすばらしい寒波に体中がびっくりして
また咳が止まらない私です。トホホ


旅の途中の夕暮れ時、
友人とこんな話をしました。

『ねぇ マコ、マヤ暦最後の日が12月21日に来るよね?』
『うんうん』
『その日に、この世界中で、二つの村だけが助かるという話があるんだよ。
 その村は、一つはフランスに、もう一つはトルコに。
 しってる?』
『へぇ〜 *△×*〜?』(なんか、口から出た)
『え?なんでしってるの?そう、シリンジェだよ。』
『え、しらないよ、シリンジェ?』
『私が言う前にそう言ったじゃない!信じられない!』
『言ってないってば!』
『言ったよ!』
友人は、変なものでも見るように私の顔を見ていた。

なにゆえ、その日その小さな村のホテルはすべて満室らしい。


















写真は考古学博物館の片隅で見つけた
小さな天使。
なんだかすごくひかれたの

0 件のコメント:

冬の赤

寒い季節の赤は、目に暖かさをくれていいものですね。 ふと気がつけば12月も半ば、 週明けから寒さがぐっと厳しくなってなかなか体が追いつきません。 おついたちにお参りに行ったのが、もうずいぶん前のことに感じられます。 そして4日の満月。 夕方の散歩で、東の空を見る...