木曜日, 12月 13, 2012

ノアの方舟の最後の食べ物




















まもなくやってくるクリスマス。
今年の私のおすすめのクリスマスのお食事はこんな感じ。
いつもよりちょっと”いい赤ワイン”があったらそれだけでいいなぁ


今日は、旅先で聞いた“ノアの方舟の話”をしましょう。

神様からお告げが会って
大洪水の中、船に揺られたノアの一家と世界中の動物たち。

何日も何日ものまわりは水だらけの船の中
もうもう、食べ物も底をつきそうなころ、
船に残っていた食料の
小麦、豆、松の実、アーモンド、米、砂糖…
もっともっとたくさんだった気がする。
グルグル グルグルそれらを混ぜて
食べてみると、
『あらおいしい!』
そんなものができあがった。

この食べ物の名前は『アシュレ』というそうで、
この食べ物を作る頃になると
誰彼とも大量に作って配りまくるんだって。
尼崎の釘煮を思い出した。


もしも、神様からお告げが会って
大きな箱船を作りなさいと言われたら、
忘れずにオイル漬けも船に詰め込もう。
楽しかった日を思いながら、
これからの未来に虹を見つけ出せるように。



0 件のコメント:

五月の風は金色。

お店の前の畑には、金色に輝く麦が五月の風に気持ち良さげです。 この季節になると毎回ブルーの服を着て散歩に出かけたくなります。 そして、 「その者 青き衣をまとい金色の野に降りたつべし。失われし大地との絆を結び、ついに人々を青き清浄のちに導かん。」 と、ナレーションを入れたくな...