木曜日, 11月 07, 2013

an autumn NY in Itoshima


弓張り月が笑っているような昨日の夕暮れ時でした。


本日業務を終えて、
近所へ買い出しに出かけると、
うちから一番近くのセブンイレブン付近で
ガードマンが出ていて、
何やら車がたくさん停まっている。
どうしたもんかなと思いつつ車を走らせながら
はた、と思い出した。

中川さんのライブだ!
通り過ぎた道を、バタバタと逆もどりし、
会場へ駆けつけた。


今回のライブは
ニューヨークから信じられない凄腕ミュージシャンをよんでのもの。

糸島では”けやきの杜”という古い木造の家屋でのライブ。
やさしい木のぬくもりの中で
それぞれの弦が程よく響き渡り
まだ行ったこともないくせに
私の目の前には
美しいニューヨークの紅葉した木々と枯れ葉が敷き詰められた公園の様子が
目の前に浮かびました。


洗練された子気味よいピアノの音に、
少しねっとりした湿度のあるベースの絡み、
そこに中川さんの何とも至福に満ちたギターのサウンド。
えぇ、しっかりNYを体で感じました。

この素敵なライブを聴きながら
あることを思い出しました。
主催者のつまんでご卵の早瀬さんが
中川さんと出会ったのは
忘れもしない、2006年の12月に当店でやったJAZZ LIVEのとき。
両親や親戚に自分の演奏を聴かせたいという
今は東京へ行ってしまったJAZZ Drの
大江クンの依頼からのライブだった。
その日、早瀬さんは食い入るように
中川さんのプレイを見ていたのを覚えている。


それからの今日のライブ。
感慨深いものです。


ライブの後は、この素晴らしいミュージシャンと
記念写真をパチリ。
えぇ〜?!
こんなポーズでとってもらっていたとは!
幸せだ!


NYの風を感じた秋の夜でした。

0 件のコメント:

うれしかったこと。

ミントやアガパンサス、 大好きな紫色の花が咲き出しました。 今日、初めていらしたお客様からの言葉が嬉しくって備忘録。 「あら、照明のカバー素敵ね。」 「オープンのときお金もなかったし作ったん...