月曜日, 11月 25, 2013

私と小鳥と…


これは金曜日くらいの空かな。
鏡に映したらどんな風だろう?
なんて思いながらちょっと遊んでみた。
世界が倍に広がるね。


風が強い今日、
先週末からいろいろなイベントが始まり、
頭が混乱してきたので
ちょっとゆっくりしようと、赤いソファーに腰掛けて
大好きな歴史の本を読みながら、
ウトウトしたりしてました。
すると、いきなり窓ガラスをゲンコツぐらいで叩かれる
“バンッ”という強い音。

トロんとした頭がはっとなった。
窓ガラスには小さな羽がくっついている。

この季節にはよくあることで、
東の窓から南側の窓を
硝子を感知できなかった小鳥がぶち当たって脳しんとう。

小鳥は窓の向こう側で、頭の上にお星様の輪っかを並べてひっくり返っている。
こういう時は変にいじらず放っておくのが一番。
しばらくすると、小鳥はあぁ、びっくりしたぁ〜ってな風で
また空に戻っていきます。

そんなことがあった今日、
お友達が、こんな詩をfbでアップ。
なんか、繋がってる感がしました。




土曜日、
木の葉モールで奮闘中の私。
やっぱりショッピングモールってスゴイですね。
ほんの数時間しかいなかったのに、
4、5件のお客様やお友達に出会えました。




日曜日の従食
椎茸のオイル漬けとセロリのレモン風味のパスタと紅くるりのサラダ

0 件のコメント:

五月の風は金色。

お店の前の畑には、金色に輝く麦が五月の風に気持ち良さげです。 この季節になると毎回ブルーの服を着て散歩に出かけたくなります。 そして、 「その者 青き衣をまとい金色の野に降りたつべし。失われし大地との絆を結び、ついに人々を青き清浄のちに導かん。」 と、ナレーションを入れたくな...