土曜日, 12月 17, 2011

銀杏の絨毯



朝にさんぽ道には、しっかりと敷きつめられた銀杏の絨毯。
いつもと違うその地面は、
凛と冷えたその中で
色を変化させて時間の流れをおしえてくれます。

季節が巡る中での
肌に感じる温度や湿度、風の流れ、雲の流れ
あの穏やかな春の日や
あの灼熱の太陽が照りつける夏の日々とは違う
今がこの季節だということを目に見せておしえてくれる
わたしの大好きな木々たち。

0 件のコメント:

お久しぶりです。

晴天の中、久しぶりに我が店に訪れました。 庭の草木は伸び放題に伸びて気持ちよさそうにしています。 冷蔵庫も製氷機も変わらず動いていてほっとしました。 私はといえば、3/31から九大病院に入院し、原田病の治療を始めるにあたり、決定打となる骨髄液の検査でどうもそうではなさそうだ...