土曜日, 12月 17, 2011

銀杏の絨毯



朝にさんぽ道には、しっかりと敷きつめられた銀杏の絨毯。
いつもと違うその地面は、
凛と冷えたその中で
色を変化させて時間の流れをおしえてくれます。

季節が巡る中での
肌に感じる温度や湿度、風の流れ、雲の流れ
あの穏やかな春の日や
あの灼熱の太陽が照りつける夏の日々とは違う
今がこの季節だということを目に見せておしえてくれる
わたしの大好きな木々たち。

0 件のコメント:

冬の赤

寒い季節の赤は、目に暖かさをくれていいものですね。 ふと気がつけば12月も半ば、 週明けから寒さがぐっと厳しくなってなかなか体が追いつきません。 おついたちにお参りに行ったのが、もうずいぶん前のことに感じられます。 そして4日の満月。 夕方の散歩で、東の空を見る...