土曜日, 12月 17, 2011

銀杏の絨毯



朝にさんぽ道には、しっかりと敷きつめられた銀杏の絨毯。
いつもと違うその地面は、
凛と冷えたその中で
色を変化させて時間の流れをおしえてくれます。

季節が巡る中での
肌に感じる温度や湿度、風の流れ、雲の流れ
あの穏やかな春の日や
あの灼熱の太陽が照りつける夏の日々とは違う
今がこの季節だということを目に見せておしえてくれる
わたしの大好きな木々たち。

0 件のコメント:

雪ふったぁ〜

日曜日の朝のお散歩、右を見ても左を見ても雪。 山沿いはもっともっと降り積もったんでしょうね。 白い道のお散歩は、すってんころりんと転んでしまいそうで、 ペンギンのような歩き方になってしまいます。 寒さが手伝って、なかなか溶けていきません。 雪の...