水曜日, 12月 04, 2013

留守の日のお店


植えた頃には、手のひらサイズだったフランス柊が、
こんなに大きくなって、
今年はポツポツと赤い実をつけてくれました。
少しずつ大きくなっていく植物を
季節ごとに愛でるのは本当に楽しい。


本日、私は通販のサイト「よかもん市場」のセミナーを受けに
お店はカオリンにお願いして
博多駅近くまでお出かけしておりました。

少し早めに到着したので、
博多駅前広場で行われている
CHRISTMAS MARKETを覗いてみました。

あったあった「キャナーメオイル」♪


充実のセミナーを終え、
高速をかっ飛ばして店に戻り、

留守を任せていた、カオリンにどうだった?と尋ねると、
「シンガポールからのお客様がいらして、
 ノージャパニーズ、
 それも8名…」
と、
そりゃ大変だったろう…


お母さんが 留守のときに、
よく頑張ってくれた子どもを褒める気分。
ま、どうにかなるものよね。
いやいや、ありがとうカオリン。
また、来週もセミナーに行ってきます。
よろしくお願いしときます。
また、ノージャパニーズ ご来店したら笑うな〜


0 件のコメント:

冬の赤

寒い季節の赤は、目に暖かさをくれていいものですね。 ふと気がつけば12月も半ば、 週明けから寒さがぐっと厳しくなってなかなか体が追いつきません。 おついたちにお参りに行ったのが、もうずいぶん前のことに感じられます。 そして4日の満月。 夕方の散歩で、東の空を見る...