金曜日, 11月 17, 2006

思い出の味


お天気はなかなかの小春日和。二日酔いの呪縛からも逃れ、風邪もどうやらひかずに済んだようである。う〜ん、月なかばって暇なのよねぇ。暇にまかせて新聞に載っていたポルチーニをふんだんに使った”インゲン豆の田舎風煮込み”といううイタリア料理を作ってみた。ポルチーニは買うととっても高いけどちょうどイタリア土産での頂き物がたくさんある。白インゲンはなかなか見つからないんだけど缶詰をヤスコちゃんが調達してくれた。(だからもちろんおすそわけしたよ)ポルチーニってイタリア語で豚のようなという意味らしい。つくりながらフワ〜ッて思い出した。これすごく一般的な冬のイタリア料理。むこうに住んでるときに何度も食べたし自分でもつくっていたことを思い出した。料理ができていく途中でイタリアでの生活のいろんなことを思い出した。匂いや味で思い出すの久しぶり。なんだかキュ〜んとなってきた。知らないものつくってるつもりが思い出の味に遭遇してしまったというわけ。夕食が楽しみ。

0 件のコメント:

新年 あけましておめでとうございます

オリンピックイヤーの2020年が明けました。 元旦の朝は、0℃の寒さの中パピコと一緒に初日の出を見に。 実家の近くの高台に向かうとポツリポツリと人が集まってきました。 早起きしたせいで暇を持て余し、那珂川の実家から一路 桜井神社へ初詣。 産土の神様に昨年無事に過ごせたお礼と今年も...