日曜日, 8月 26, 2012

夕焼けのもと



















きのう、
美しい夕焼けの中、パウダーとの散歩。
店に戻り店先の庭にいると
一人の青年がリュックを背負ってこっちにやってくる。

『マコちゃん、T太郎です。』
『え”〜! ひさしぶり!』
(思わずハグする私)

かれこれ10年くらい前になるかな、日本を発ってから。
家族でシアトルで生活していたはず。

T太郎クンは
背が、もう私よりずいぶん高くなって、
でも、小さな頃のきれいな瞳をもったままの面影を残し
真っ黒に日焼けした青年になってた。

うれしいなぁ、
かわいがってた友達の子供が
こうやって、大きくなって一人でこの店に来てくれる。
これは、私の一つの夢でもありました。
パパやママに手を引かれてやってきてた
一人一人の子供たちが、
まるで故郷に帰ってくるように
この店にふと顔を見せてくれる日が来る事を。

美しい夕焼けは、
そんな素敵なことが起こる
兆しだったのかも。

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ずっと読み逃げしてきましたが、日に日に,行ってみたい糸島と思っています(秘かに)。もちろんラスティクバーンへ。いつかなうかわかりませんが,絶対かなう気がします。

お盆が過ぎて。

百日紅の花が満開です。 羽音を立てて蜜を吸う虫たちが、木の周りにはいっぱい。 負けずに顔を近づけると甘い夏の香りがします。 こんな派手派手のゴマダラカミキリも庭先で見かけたりします。夏が似合う虫だなぁ。 お盆が始まる前の9日は、熊本のキンち...