日曜日, 8月 26, 2012

夕焼けのもと



















きのう、
美しい夕焼けの中、パウダーとの散歩。
店に戻り店先の庭にいると
一人の青年がリュックを背負ってこっちにやってくる。

『マコちゃん、T太郎です。』
『え”〜! ひさしぶり!』
(思わずハグする私)

かれこれ10年くらい前になるかな、日本を発ってから。
家族でシアトルで生活していたはず。

T太郎クンは
背が、もう私よりずいぶん高くなって、
でも、小さな頃のきれいな瞳をもったままの面影を残し
真っ黒に日焼けした青年になってた。

うれしいなぁ、
かわいがってた友達の子供が
こうやって、大きくなって一人でこの店に来てくれる。
これは、私の一つの夢でもありました。
パパやママに手を引かれてやってきてた
一人一人の子供たちが、
まるで故郷に帰ってくるように
この店にふと顔を見せてくれる日が来る事を。

美しい夕焼けは、
そんな素敵なことが起こる
兆しだったのかも。

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ずっと読み逃げしてきましたが、日に日に,行ってみたい糸島と思っています(秘かに)。もちろんラスティクバーンへ。いつかなうかわかりませんが,絶対かなう気がします。

冬の赤

寒い季節の赤は、目に暖かさをくれていいものですね。 ふと気がつけば12月も半ば、 週明けから寒さがぐっと厳しくなってなかなか体が追いつきません。 おついたちにお参りに行ったのが、もうずいぶん前のことに感じられます。 そして4日の満月。 夕方の散歩で、東の空を見る...