水曜日, 6月 07, 2023

ひばりの子


 6月が、一週間も過ぎてしまいました。

店の前の麦畑は全て刈り取られ、野焼きが行われて、耕して、水が引かれて田んぼになろうとしています。

先日、お散歩友達のビーグル犬のルビーちゃんが見つけた鳥の巣とその中の小さな卵。

数日続いた大雨で、卵は大丈夫だったんだろうかと覗いたらヒナが孵ってました。

散歩道で出会った農家のおじちゃんが、

「ひばりやろうね、一週間もせんうちに飛び立つよ」

と、教えてくれました。


近くには、こんな奴もいます。ひばちゃん頑張ってよ。


毎朝、この巣をちょこっと覗くのが楽しみ。

今日は毛が増えてフワフワになって、お母さんが餌を持って孵ってくるのを待っている。


賑わった週末。夕方もう一度パピコとお散歩に出かける。

畦道に入った所で、私たちの近くを低く飛んでいるひばり。その鳴き声は、

「私飛んだよ、もう巣立ったの!」

と、言ってるかのよう。

いつものように、茂みの中の巣を覗くと空っぽに。

さっきのは、小さかったひばちゃんだったんだね。お知らせありがとう。

言葉じゃなくても通じるものはあるのです。


いろんな人が訪れる糸島。

鳥もヘビも、草花も。みんな元気に生きてます。


豆撒きしたよ

 いくつになっても、節分には大きな声を出して窓から豆を巻きたいと思っている。 もちろん今年も。「福はうち」を「鬼は外より」少し多めに言うのもポイント。 昨年秋から体調が優れなかったりで、微妙に気持ちも低迷していました。 節分で豆まきをした翌日の立春の朝。 きっと久しぶりに雨が止ん...