土曜日, 11月 13, 2021

仕込みをしながら

 

 

 水曜日は朝から二度も三度も天井がゴロゴロ言って、ついには雹も降ってきてその音ったら屋根に穴が開くんじゃないかと思うくらい凄まじかった。

 今週は、ただ黙々と大量にいただいたお弁当の仕込みを日々している。

 そんな中、東京に住む二人の双子の弟たちから連絡が入る。

 保険の仕事をしている弟の方は、青山界隈で過ごして見つけたものを教えてくれた。


「こんなの青山のスパイラルホール でやってたよ。暇なときにでも見て見て〜」
「ヘェ〜面白いね。」
「On sundaysにも時々いくよ〜。」
「変わらずあの場所?」
「そうだよ、神宮前」

 音楽業界で働く方の弟からは、彼が大学生の時に仲良くなった コマツソウルカッターの個展のことをシェアしてくれた。
 大学から我が家が近かったせいか、当時は弟の友人たちがよく寄ってくれた。
 
 '95~98年までSUNSET LIVE のポスターの絵は、私が担当していた。理由はまず経費削減。もちろん描きたかったのもある。
 しかし、’99年にイギリスからRico Rodrigues を招聘するにあたり、鬼のような業務が山積みし、私にはもう絵を書くところまで力が及ばなかった。それに、かのスカタライツのメンバーであるRicoを呼ぶにふさわしいポスターにしたいという気持ちもあって、弟が仲良くしていて私も面識があるコマツソウルカッターに絵を依頼した。
 出来上がった作品は想像を超える出来栄えだったし、ものすごく大きな板に製作されて送られてきた。



 コマツ君、知らないうちにお空の上の人になってたんだね。ちょっとびっくりした。
 今頃、DVDのジャケットをデザインしたRCの清志郎さんやRicoと一緒にセッションしてるね。

 弟がセレクトしたspotifyのプレイリストを聴いていたら、
 神宮前の黄色くなったイチョウの並木道や、
 美しい音楽がいつもかかっているOn sundaysの本の匂いだったり、
 高円寺の街並みや電車の中の温もりが、ぼんやりと思い出された。
 久しぶりに東京に行きたくなった。
   
 一人でコツコツ仕込みをするのも、悪いもんでもないなと思いつつ。出来上がりまで気は抜けない。こんな、息抜きができる連絡をありがとうね、大好きな弟たち。


 金曜日は、海が見下ろせる大きな施設へ、お弁当の配達でした。







 




日曜日, 11月 07, 2021

老後のあれこれ


 ワーゲンの横のオープン当初に植えた木が、銀木犀だと今年初めて気がついた。
 金木犀よりもやや柔らかめのその香りに気がついたのは、パピコの散歩に来ていた父。
 遠目から見ても素敵よと母。
 近くが見えていない、すっかりおばさんになった私...


  おばさんになったといえば、老後の心配である。
 時々やってくるお家がお寺で、お坊さんの弥勒くんに老後のお願いをすると、
「僕が面倒見れるのはそのあとですよ〜」
「あ、そっか死後の世界か...」
「そそ」
「ならばさ、私お墓とかそんなものいらないからさ、お骨焼いたあとの”もの”はお宅の軒下にホウキでささっと吐き入れといてよ。」
「え〜〜」
「でさ、時々寂しくなったら、弥勒〜弥勒〜!って床下から呼ぶから〜」
「え〜〜」


 これで私の老後、ではなく死後の予定は安定。
 ただ、土に変えれば良いんですよ。

 そしたら今度は、弥勒くんからのリクエスト。
「じゃさ、僕がこの先も独身やったらさ、マコさんバイトでごはん作りに来てよ。」
「OK!OK! お安い御用よ!」
 これで、老後の仕事も一つ決まった。

 人生、悪いことしてなきゃ、どうにかなるもんだと思う。
 夕日の綺麗な最近です。





 

月曜日, 11月 01, 2021

今年もおせち作ります。

 


 霜月に入りました。今朝は氏神様にごあいさつ。
 伊勢神宮外宮からやってきた大きな鳥居の榊も真新しいものに差し替えられて、清々しい空気が流れていました。
 あぁ、今年もあと2ヶ月...
間も無く、ど緊張の年末がやってきます。今年もおせち料理作ります。
 糸島の新鮮な食材をふんだんに使って。調味料はできる限りオーガニックのものを使って調理します。



 ラスティックバーン でも、承ります。(12/31に店に受取にきていただく形となります。)
 配達ご希望の方は、博多阪急さんや井筒屋さんをご利用ください。


 百貨店さんのおせちのカタログに載せていただくなんて、この上なくありがたいこと。一体いつまで載せていただけるだろうと、小さな店の店主は、ビクビクしております。

 なんやかんやいうても季節は勝手に巡りますね。庭の柿の実もあと一個だなと思っていたら、翌日にはしっかりカラスが持って行ってました。


 毎日美しい夕日の日が続きます。お日様が沈まないうちに散歩に行くのが大変。











仕込みをしながら

     水曜日は朝から二度も三度も天井がゴロゴロ言って、ついには雹も降ってきてその音ったら屋根に穴が開くんじゃないかと思うくらい凄まじかった。  今週は、ただ黙々と大量にいただいたお弁当の仕込みを日々している。  そんな中、東京に住む二人の双子の弟たちから連絡が入る。  保険の...