木曜日, 8月 31, 2023

私の栄養



看板のぞうさんの周りの百日紅が入道雲のように黙々と育っています。
暑い夏がまだまだ続いてますね。
あっという間に8月が過ぎていき、あまりの暑さに記憶が遠くなるほど。
暑いと思いっきり甘いものが食べたくなるってことが、この夏わかりました。


中にフルーツがたっぷり入ったマジックアワーのクリームソーダとか、


トロンとしたチョコレートソースがたっぷりのチョコバナナパフェをよく作りました。

汗まみれになって飲み物やお食事を作って、お席に持って行った時にお客様とちょっとしたお話をする。

客A 「トイレットペーパーのホルダーが素敵ね」
私  「開業当初、海であの流木見つけた時に『これだ!』って思って作ったんです。お金があったらもっと素敵なのつけたんでしょうけどね」
客A 「あれがいいのよ、愛を感じるわ」


客B    「このお店の庭やしつらえ、そしてこのカレー、東京だったら倍の値段はしますね」
私  「そうなんですね。あ、そう言えば取材にいらしたカレー好きのパパイヤさんも同じこと言ってました」


多分、私はこのひと時のために店をしているんだと思う。
こんな会話が私の体の栄養になっているといつもいつも思う。


涼しくなったらどんな感じに店を飾ろう。
秋の草花が恋しくなってきたな。

パピコは毎日元気にお散歩してます。






 

水曜日, 8月 02, 2023

暑い暑い夏


 会う人会う人、合言葉のように「暑いですね〜」いやほんとに暑いです。

毎日、蝉たちも張り切って鳴いています。

こんな夏は初めてです。店の前の通りも糸島全体に走っている車が少ないような気もします。


カラヴィンカ先生のところから人づてに譲ってもらった瓢箪の苗が、

すくすく育ち実が10個以上なってます。自分で育てて実がなるとやっぱり可愛いなぁ。


時々お空がゴロゴロ鳴ると、パピコはブルブル震えて「お母さんお願いだからそばにいて!」

と、体をぴったり寄せて震えまくっています。

私が仕事中の時は、カウンターのお客様の足元だったり、納戸に隠れたり。犬もいろいろ大変ね。


8月号のシティ情報ふくおかに載せていただきました。読んでみてね。

こんな暑い中いらっしゃるお客様は、

韓国からの親子連れの横に、ベトナム人のグループ旅行の四人だったり、

フランス人とオーストラリア人のカップルだったり。

前日から止まって糸島を楽しんでいた熊本からの四人組。

一人の男の子が「去年も来たんですよ」と、言いながら自慢げに友達を連れてきて、海上がりの体をゆっくりチルアウト。

様々なお客さんの色んなうちの店の使い方がある。

いい感じで使ってもらえると店主冥利につきます。

さて、そろそろお散歩に行きましょうかね。


朝は早ければ早いほど涼しい田舎道。

先日は美しい虹がかかってました。

夏はすぐに去っていく。この季節にはこの季節の楽しみを十分味合わねばですね。


今月のお休みです。よろしくお願いします。





豆撒きしたよ

 いくつになっても、節分には大きな声を出して窓から豆を巻きたいと思っている。 もちろん今年も。「福はうち」を「鬼は外より」少し多めに言うのもポイント。 昨年秋から体調が優れなかったりで、微妙に気持ちも低迷していました。 節分で豆まきをした翌日の立春の朝。 きっと久しぶりに雨が止ん...