木曜日, 2月 25, 2021

散歩道で思うこと

 


もうかれこれ20年以上続けている毎朝の散歩。ほぼほぼ毎日同じ道を歩く。同じ道だからこそ日々のちょっとした違いに気がつく。

最近はお日様が徐々に上がる時間が早くなり、登ってくる場所も北にずれてきた。歩く道にはつくしが顔を出し、流れる川にはクレソンがたくさん茂りだした。

散歩道で出会うのは、この街の市長さんと愛犬きな子ちゃんだったり、隣街の自動車整備会社を定年退職したご主人と一緒にウォーキングのご夫婦。ここんちの息子さんは大学生の頃、同級生をたくさん連れてよく遊びにきてくれたよなぁ〜なんて思い出す。あそこの人は神経質だから気をつけてお話ししよう。とか、あそこの奥さんは植物のことに詳しいもんなぁとか、この畑はあっちのおじちゃんとこの。こっちのキャベツ畑はあのおじちゃんが育ててるとか、ここの田んぼは無農薬で育ててるもんね〜とか20年田舎に住んでいると周りの様子がよく見える。

どうでもいいことのようかもしれないが、田舎に住むにはここが実は一番大事だったりする。


雪で、ミミズもモグラも縮こまるような日もあれば、朗らかな陽気につくしも仏の座も笑っている日もある。



田舎の散歩道は、哲学の道。いろんなことを心穏やかに考えさせてくれる道なのです。








火曜日, 2月 16, 2021

お雛さま、飾りました。


今年も小さな小さなお雛様をお店に飾りました。一年ぶりでお雛様もその周りの花も鳥も嬉しそう。

先週の定休日に、一緒に近所の山に登っていた友人が山頂で足をくじいて救急搬送。その後入院用の荷物を運んだ病院の駐車場でかなり久しぶりに自損事故してしまいました。

事故ってのは、したくてするもんじゃないけど、もうその日その時にそうなるようになっていたんでしょうね、きっとアカシックレコードに刻まれていたんだわ。

起きたことにいろいろ対処したり、ここ最近の世の中の現象だったりをああだこうだと友人と話しているうちに、こうしておいたほうがいいよ!とか、これ使えるんじゃないですか?とか、様々な友人たちがそれぞれの得意分野のアドバイスをしてくれたりする。自分では思いつきもしなかった事柄や方法を知って、あぁ、私の周りにはなんて素敵な人たちがたくさんいるんだ!

寒暖差のひどいこの季節、寒さがぶり返すとついつい凹みがちになりそうな心は、この友人たちのおかげでまもなくやってくる春の新芽のような気分になる。

 一人だけど一人じゃない。誰もがたくさんの人と繋がって生きている。暖かな手を差し伸べてくれた素敵な友人たちは、心の宝物。次に誰かが何かあった時には大いに参考にしようと心に刻みました。

そろそろ苺パフェ、解禁しなきゃですね。


明日の朝の散歩は、カキ〜ン!なんだろうな〜



金曜日, 2月 05, 2021

節分には豆撒いて



2月に入りました。節分の日には、昨年からのなんやらかんやらを振り払うため大声張り上げて豆まきしました。

 振り返ればこの一年、何をしてたんだか?世の中の状況もありますが、私自身うろうろとした一年だったような気がします。もしかすると多くの人がそうだったのかな。

火曜日はお弁当の注文が入りました。
うちのような観光地の郊外の飲食店は、このご時世 店舗営業は静かなものですが、いつもと変わらず働いてらっしゃる方がほとんどなんですよね。
そんな皆さんへの思いを込めて作りました。


仕入れや納品へ行った先で、ちらほら梅の花が咲いているのを見かけるようになりました。
毎朝の散歩は相変わらず真っ白に霜が降りてて寒いけど、春はじわじわと近づいていますね。


節分が過ぎて、立春が来て、やっと本格的に今年が始動してきた気がします。
穏やかでいい年になりますように。
ポロリポロリといい出会いや楽しいお話がここで繰り広げられますように。



おかげさまで

  7月に入り、気がつけばあっという間に梅雨も明け真夏の太陽の光がギラギラと照り付けています。  去る7月の7日でラスティックバーン は21歳になりました。  小さな笹の枝を切ってきて、三つの短冊に私が書いた言葉はただただ「ありがとう」ハイ、それしかありません。 「3ヶ月持てばい...