日曜日, 11月 07, 2021

老後のあれこれ


 ワーゲンの横のオープン当初に植えた木が、銀木犀だと今年初めて気がついた。
 金木犀よりもやや柔らかめのその香りに気がついたのは、パピコの散歩に来ていた父。
 遠目から見ても素敵よと母。
 近くが見えていない、すっかりおばさんになった私...


  おばさんになったといえば、老後の心配である。
 時々やってくるお家がお寺で、お坊さんの弥勒くんに老後のお願いをすると、
「僕が面倒見れるのはそのあとですよ〜」
「あ、そっか死後の世界か...」
「そそ」
「ならばさ、私お墓とかそんなものいらないからさ、お骨焼いたあとの”もの”はお宅の軒下にホウキでささっと吐き入れといてよ。」
「え〜〜」
「でさ、時々寂しくなったら、弥勒〜弥勒〜!って床下から呼ぶから〜」
「え〜〜」


 これで私の老後、ではなく死後の予定は安定。
 ただ、土に変えれば良いんですよ。

 そしたら今度は、弥勒くんからのリクエスト。
「じゃさ、僕がこの先も独身やったらさ、マコさんバイトでごはん作りに来てよ。」
「OK!OK! お安い御用よ!」
 これで、老後の仕事も一つ決まった。

 人生、悪いことしてなきゃ、どうにかなるもんだと思う。
 夕日の綺麗な最近です。





 

0 件のコメント:

仕込みをしながら

     水曜日は朝から二度も三度も天井がゴロゴロ言って、ついには雹も降ってきてその音ったら屋根に穴が開くんじゃないかと思うくらい凄まじかった。  今週は、ただ黙々と大量にいただいたお弁当の仕込みを日々している。  そんな中、東京に住む二人の双子の弟たちから連絡が入る。  保険の...