日曜日, 10月 12, 2008

朝日を見に 〜伊都国のあけぼの〜



昨日いらしたお客様に誘われて
朝日を見に行ってきました。

行った先は、前原市の平原古墳。
以前はなにも無い雑草がはえまくるただの平地だったそうですが、
何年か前からお墓にあたる部分には、
土が盛られています。
このお墓、誰のものかと言うと、
天照大神の妃にあたる(女性説が多い天照大神ですがここでは男とされている)
大日妾貴(おおめのめのわら)のもの。

10月20日には、高祖山からからの日の出がまっすぐに
横たわる妃の子宮めがけて上がってくるといくお話。
今朝、位置を確認してみるとまさに…

ある説では、実は伊都国をまねて伊勢神宮が作られたのではというものもある。
地名が妙に似ているものが多いんです。
また、魏志倭人伝にさかのぼり
邪馬台国説もあります。

来る10月20日には、
もう一度ここで朝日を拝みたいと思っています。

同じ日の夕方には
この女王様を太陽が通る日の
イベントがこの場所で
6時くらいから行われるようです。
興味のある方は足を運んでみられてはいかがでしょう。

0 件のコメント:

4月になっちゃいました。

今年は藤の花がたくさん咲きそうです。立体的で透明感のある蕾。咲いているところしか気にしたことがなかったから、自分の庭で育てるとそんな部分を見れる楽しみもあったりしますね。 パピコの上のプラムの木が満開だったことをお伝えするの間も無く3月が過ぎ去ってしまいました。今年もワーゲン横の...