月曜日, 12月 20, 2021

散歩道で出会ったサーファー


  今朝、少しいつもより寝坊してしまい、慌ててパピコの散歩に出掛けた。

 帰り道には小学校へ向かう子供たちの姿。その集団より遅れて、小学四年生くらいのお兄ちゃんと一年生の女の子が手を繋いで、前方の集団に追いつこうと小走りに急いでいる。

「おはよう!」

「おはようございます〜!」

 二人とも元気に挨拶してくれる。

「少し遅れちゃったの?」

「はい、放課後サーフィンに行く用意してたら遅れちゃった〜」

「ヘェ〜、サーフィンしてるんだ!お父さんと?」

「いや・・・」

「わかった!T君に連れて行ってもらってるんだね。」

「そうです!」

お兄ちゃんの方が答えてくれる。妹の方は、うさぎさんのように白い帽子、白いマフラー全身モコモコで、暑い〜と言ってる。お兄ちゃんはパーカー一枚の薄着。

「なんか薄着じゃない?寒くない?」

「海に入るようになったら、寒くなくなった。」

「そうだよね、海に入って波に乗れると、フワ〜っと体が暖かくなるもんね!」

「ハイ!サーフィンしてたんですか?」

「うん、してたよ。海に入りだすと、波のこととか、天気予報とか、風のこととか、よくわかるようになったでしょ?」

「うん!すごく良くわかる!」

「じゃ、放課後楽しみだね!行ってらっしゃい!」

「はい!行ってきます。」

 そう言って、兄妹はペコリとお辞儀をして、また小走りに走って行った。

 なんか、私すごくいいところに住んでるなぁとしみじみ思った。だって、近所に放課後にサーフィンに、友達とみんなでいく小学生とかいる?

 そしてこの男の子、めっちゃいい男になるんやろうなと思った。


 帰り道の小学生は、今日作った作品を見せてくれたりもする。道々での子供たちとの何気ない会話は私の宝物。平和な証拠。

 さて、年内の通常営業は昨日にて終了しました。

 年明けは、月火過ぎて1月5日からの営業とさせていただきます。



 そうそう、昨日の満月はすごかった!光が尾をひいてましたよ。



0 件のコメント:

パピコ入院の巻

    昨日1/16は、2時過ぎにはお店を急遽閉めてしまいました。すみません。  それというのも・・・  朝からは雨降りだったけどそれも止み、やはり日曜日なのでいつもより来客もあるだろうと構えていた矢先。  午後1時過ぎ、庭でパピコがガタガタ震えているので、寒いのかな?と思い、お...