水曜日, 12月 16, 2009

いいこと、わるいこと




















「いいことですか?わるいことですか?」

とよく聞かれるのですが、

私は、

いいこととわるいことって、よくわからないのです。

何がイイコトで、なにがワルイコトなのか、

考えれば考えるほど、わからないんです。

うれしいこととうれしくないこと

というのはあるかもしれません。

でも、うれしくないけれど結果的に「よかった!」と思えることもありますし

うれしいことだったけど、結果的には

「あんなことが起こらなければよかった」

と思うこともあると思うのです。


人間はどうしても、

自分を喜ばせるようなことや安心させるようなことが起こって欲しい

と願います。

でも、本当の喜びというのは、どうも

苦労とか、迷いとか、苦しみとか、

そういうものを通過したところでしか

味わえないような気がします。

たとえば、同じ「褒められる」という出来事でも、

苦労して苦労して、その結果を褒められれば、大変うれしいと感じられます。

一方、

簡単にさらっとやったことやどうでもいいと思っていることが絶賛されたら

「これでいいんだろうか?」という疑念や、

「何もわかってもらえない!」という不満さえ

感じることがあるわけです。

「安心」もそうで、

不安で悩んでいたことが解決するからこそ「安心」なのでしょう。

だとするなら、

不安や苦しみがないと、喜びも安心も来ない、ということになります。

だから、今、不安で苦しいならば、

それは、この先の、本当の喜びとか安心の「原因」になっているのでしょう。

悩みや苦しみをちゃんと通過した人は、

喜びや安心に遭遇したとき、

喜びや安心の本当の意味を知っているものだと思うのです。

だから、その喜びや安心が、浅薄な刹那的なものではなく、

深くてしっかりしているのだと思うのです。


今週の『筋トレ』のこの話しすごく好きだな〜

0 件のコメント:

さくらんぼ

庭のさくらんぼが、赤くなり出しました。 昨年の今頃は退院はしたもののまだまだぐたぐたで、その頃同じように闘病していたミキティが以前と変わらぬ元気な姿で訪ねてきてくれて、お互いに元気になったことを喜び合いました。さぁ久しぶりにミキティと私が大好きな クラスサロン https://c...