金曜日, 5月 07, 2021

鹿男がやってきた。

 


4月のゴールデンウィーク前にオイル漬けの商品入れ替えにパルコのナチゅ村さんへ行った際に立ち寄ったCLASS SALONで出会ってしまった鹿男さん。

寝ても覚めても頭から離れず、うちの店には飾るところないし、、、でも欲しい。と考えた挙げ句、飾れる壁にしようと決意。

ちょうど世間は、お出かけを控えるようにとのおふれが出回り、こりゃきっと客足疎らだろうなと勝手に決め込んで、作業決行!

つい先日、店の奥のバックヤードの床にフロアマットを我が手で敷くことができたことに味をしめているわたしがいる。


やるとなったら、潔く古い壁紙をバリバリと剥ぐ。誰も来ないことを祈りながら。
近くのホームセンターに朝一で走り込み、漆喰を探す。養生テープも忘れず、コテ板用の板は切り板コーナーで調達。漆喰をこねるバケツは百均で。余計な出費はしませんよ〜

1日で部屋の半分完了。昨年の今頃は寝込んでいた自分のことを思うとこういった作業ができるのがたまらなく嬉しいのだ。しかし漆喰は重い。次の日作業を始めるのにどれだけ踏ん切りがいったか。しかし目の前にはゴールデンウィークが迫っている。やるしかないのだ。



さぁ、もう半分。しっかり養生して、細か〜〜〜いところは気にせず。(ここ大事)ボロボロのたぶん50年くらい前のものと思われる壁紙を剥がして剥がして、腕に応える重さの漆喰を塗りまくる。とここでお客さまご来店。あかん。
一旦お客様が入りだすとやはりGWの土曜日。お客様に奥の部屋が作業中ですみませんと謝りつつ、ご注文の品をお出しする。あ〜もう、すみませんでした。

2日間でどうにか作業は終了。そして翌日の私の体のガタガタ具合と言ったら、、、油の切れたロボットのようでございました。キツかったぁ〜

5/3は当店から東に1kmのところにある信号待ちでうちの前で車が止まってしまうほどの大渋滞。糸島の混み具合はやはりお天気に左右されますね。


壁の塗り替えでクタクタのまま始まったゴールデンウィークだったけど、鹿男が飾ってあったクラスサロンさんの壁が新しく素敵な色に塗り替えられてて、それをみてたらなんだかムズムズとやる気が出てきたのです。

そしてこのGWに一緒に頑張ってくれたSちゃん。暇があれば草をどんどん抜いていって庭を美しくしてくれるもりもり元気なSちゃん。

気持ちよく働く人、美しいものを作り出すサロンや作家さん。たくさんの元気な人たちが私のモチベーションを上げてくれてます。

例年と違ってお客様もまばらな今年のゴールデンウィーク。私はいつもの元気を取り戻して、日々を過ごしています。


0 件のコメント:

糸かけ曼陀羅 〜KALAVINKA

 ずっとやってみたかった糸かけ曼陀羅をやってみました。今回のワークショップの先生 KALAVINKA 龍石くん HPはこちら→  kalavinkamusic 出来上がったものは、いろんな場所で何度も何個も見ていたのですが、さて自分が作るとなるとどこから始めていくんだろうと興味津...