土曜日, 11月 28, 2020

星の時間

月末なのでIMS 6Fのナチュ村さんに「オイル漬け」の在庫管理にいく。滅多にというかこの時ぐらいしか天神へ出ることがないので、オーガニックな商品が並ぶこの店でお買い物をしたり、見ておきたいものをチェックしたりすることにしている。(山から降りたハイジやん。)

今まで置いてなかったインポートのオーガニックワインが入ったよと、働いている義妹がおしえてくれて、スペインにする?それともジョージア?

お、最近ジョージアでゲストハウスを営んでる方とお知り合いになったからジョージアにするわ!と美味しそうなこちらをゲット。


ついでに、いや実はこっちが目的で友人まで誘ってIMSにきた。高木正勝 「星の時間」

入り口で、受付の方が場内は靴を脱いでお入りください。

?  なるほど。


音が響かないよう敷かれた絨毯の上で、好きなポーズで彼の作品をワンクール53分楽しむ。


この頃触れてきたもの、それらに共通すること。 それは伝えようとする側(作者や製作者)の心というかメッセージ力の濃度が濃いと、見たり聞いたり体感するこっち側にもビシバシと通じる。ということ。

それは、足立美術館で見た横山大観の絵だったり、ヨンジョー画伯の絵だったり、KARADOMARI VILLAGEだったり、高木正勝の作品だったり。

聞こえる耳でいたい、見える目でいたい、そんなことをますます思わせる高木正勝の個展だった。会場入り口で販売されていたエッセイ集、ページをめくるのが楽しみ。バナナさんの帯の言葉もそそるし。親友の結婚式で高木正勝とテーブルが同じだったと言ってたそわか、彼とどんなお話ししたんだろう。

帰りの車の中で、彼の言う「星」ってなんだろう?「あ〜、お腹すいたね」って話ながら帰ってきた。一緒に見にくと楽しいね。


そうそう今朝は、美しいピンク色の夜明けだったんだよ。






 

0 件のコメント:

散歩道で思うこと

  もうかれこれ20年以上続けている毎朝の散歩。ほぼほぼ毎日同じ道を歩く。同じ道だからこそ日々のちょっとした違いに気がつく。 最近はお日様が徐々に上がる時間が早くなり、登ってくる場所も北にずれてきた。歩く道にはつくしが顔を出し、流れる川にはクレソンがたくさん茂りだした。 散歩道で...