日曜日, 3月 13, 2011

心から

凄まじい出来事が日本を襲いました。
被災されたたくさんの方々に
心からのお見舞い、申し上げます。

胸のいたむ日々が続きます。
ひっきりなしに流れるニュース、
おびただしい数のチェーンメール。
数々の情報に惑わされないように、
しっかりと自分自身を見失わないようにしたいと思います。
たくさんのことを教えられているのだと思います。
過去の災害からの知恵を、今一度学び取りたいです。
よかれと思ってとった行動が無駄なこととならないように。
地震のこと、津波のこと、地形のこと、原発のこと…
より知識を高めておかなければです。
しっかりと冷静に、現実と向き合って。


今朝の新聞のコラムのくくりにこうありました。
人は弱い、弱いから支えあうほかない。
長い災害の歴史が日本という国の地力を試している。

きっと、美しい私たちの国日本は素晴しい復興を見せるのです。
その日が一日も早くやってきますように
支えあい、頑張りましょう、心から。

2 件のコメント:

vento さんのコメント...

Terrible, unbelievable. I'm really sorry. But as always, the people of Japan will resume soon. Hugs to you and your wonderful country. Carlo.

mako さんのコメント...

to VENTO

And yet, we have so terrible time.
But, many people are waitinng we can see beautiful our country soon.
Thank you.

4月になっちゃいました。

今年は藤の花がたくさん咲きそうです。立体的で透明感のある蕾。咲いているところしか気にしたことがなかったから、自分の庭で育てるとそんな部分を見れる楽しみもあったりしますね。 パピコの上のプラムの木が満開だったことをお伝えするの間も無く3月が過ぎ去ってしまいました。今年もワーゲン横の...