火曜日, 11月 21, 2006

ご飯屋イタル


お休みの今日は新しくできたお店”イタル”092-330-8732へお昼ご飯を食べに行ってきました。要予約のこのお店、築百十一年の民家を改造したそれは見事なもの。堪能してきました。1,小鉢三種 2、お造り 3、天ぷら 4、牡蠣鍋 5、塩釜焼き 6、カフェにてデザート&コーヒー。なんか忘れてないかなぁ。昼3000円、夜5000円のコースのみ。決して高くありません。十二時半に予約してて気がついたら4時を回ってました。最後のコーヒーが別棟の妹さんがやってるカフェでいただくのもすてきです。ほとんどのお料理をおかあさんが運んで来られそのトークも絶妙。肝心の塩釜焼きは秀一くんが運んできてくれます。お塩の名前にもなってるお父さんのまたいちさんに一目会いたくって店を出る間際に裏の方をのぞいてみるとお孫さんと一緒にスケボーをしてて尻餅をついたところ。どろんこになってお孫さんと一緒に遊んでいたところで私たちに気づいてくださり、もぎ立てのみかんをいただきました。家族みんなで楽しそうにお塩つくったりご飯屋さんやカフェしたり楽しそうなまたいちさん一家のお店でした。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

おこげの美味しい石焼ごはんと、キュウリのお漬け物、それからもずくのお汁!忘れてますよ〜。塩釜焼きのお魚をのせて、お汁をかけて食べたのも美味しかったです。

mako さんのコメント...

あっそうやったそうやった!
あのご飯おいしかったね。
建物の修復中の時の写真で市松模様のは冷蔵庫だそうです。
裕福な家だったみたい。

パピコのお友達

   野牡丹に続き、ジンジャーリーリーも咲きだし、ただいま庭中に南国チックな香りが漂っています。 朝夕のお散歩で、パピコはたくさんのお友達に会います。  長〜い付き合いの柴犬のトラちん。しょっちゅう脱走しては、パピコのところにやってきます。もう、何回捕獲しただろうか、、、  最近...