水曜日, 1月 27, 2010

おいしいもの

美味しいものが大好きな私です。
七赤金星のせいでしょうか?牡牛座のせいでしょうか?丙午のせいでしょうか?
そんなのなんだっていいんです。旨いもんはうまい!
時々人に嫌いなものは?苦手なものは?
と尋ねられたときには泥でも虫でも、体に悪くなければなんでも食べますと言ってます。(笑)

美味しいものを食べに行くのも好きですが、自分で作るのもやっぱり好きです。
時間をかけて作るのも好きだし、有り合わせでパッパと作るのも好き。

昨日、TVで築地のお寿司屋さんの次郎さんが、
“まだまだ、美味しくなる方法があるんじゃぁないかって考えてると楽しいんだよ、ねぇそうでしょ?”
って語ってらして、
80代で未だ現役でお寿司を握っている姿や魚を吟味している姿の美しく楽しそうなこと。
いいね、おいしいものを作る人の表情って!


そんなTVに触発されてか、されずしてか、本日はベーコン作り。
うちのお店でだしている”いつでもOK朝ごはん”(あァ、我ながらあっぱれのネーミング!)
この朝ごはんの和風には、鯖の薫製を。洋風にはベーコンエッグをつけているのですが
鯖の薫製も、ベーコンもどちらも自家製です。


前日から塩やハーブをよ〜くすり込んだ糸島産の油と肉のバランスのいい豚バラ肉を
桜のチップとスリランカのお茶で薫りづけしながら燻します。
桜のチップは桜の木が近所で剪定されているときにわけてもらって、
枝ごとストックしてて、使うたんびに自分で裂いたり割ったりしてチップにします。
こんなチップつくりの行為も楽しかったりするのね。















私の薫製機は、フフフ♪ドーム型のイカした形です。
(ま、単なる中華鍋ふたつというう言い方もあるが…)




















燻すこと一時間弱。
蓋を開けてみればいい色に燻された豚バラ肉がにんまりと笑っている。

















むこうから食べてみらんですか?と言われている気がして、スライスして試食。
一日置くと落ち着くのだが、この燻したての味もふんわりしてておいしいのです。



















さっそく今日の遅い昼ごはんつくりに取りかかる。
朝、どうぞ食べてくださいと裏の畑から朝露にしっかり濡れたキャベツをいただいた。
パスタを茹でてこのキャベツも一緒にゆでる。
茹で上がったパスタにこのキャベツとできたてのベーコンをまぜる。
味は食べる直前に
”またいちの塩の焼き塩”と黒こしょう、オリーブオイルにパルメザンチーズ。
すばらしい!
採れたて野菜とできたてベーコンの味、どこにも負けない(?何に負けるの 笑)絶品のお昼ごはんでした。

毎日の一回一回のごはんを大切にしたいので
私はひとりでの仕事中もこんな贅沢なことをしてるんですね。(笑)

0 件のコメント:

藤の花

  庭の藤の花が今年はたくさん咲いています。姪っ子にこの花の名前がついている子がいるもんだからつい植えたくなったのです。小さな苗を植えたら、あれよあれよと大きくなってしまい大急ぎでパーゴラを作ったのは2年前になるのかな。 今日は、おうちでご主人のお誕生日をお祝いするお食事のご依頼...